読者投稿㉛【市民が利口な五島市】

長崎新聞記事を読まれた市民はどう感じたのでしょうね

市議会より市民が利口のようです。

住所:五島市上大津町

玉の浦の農業施設を今村氏にだけに声かけ、評価委員会の評価額10円で売り飛ばした。これは、違法な状態なので、議会の議決で是正したいと野口市チョーは言う。このようになったのは評価委員会の評価システムの問題だ。あたかも、自分には責任はないというような無責任な説明である。
確かに、評価委員会の評価と不動産鑑定評価の乖離は当然にある。しかし、不動産を売るときに不動産鑑定評価額などの相場を調べず、評価委員会の評価だけで売るマヌケがいるだろうか。しかも、それが10円ときた(それならお前の長崎の自宅を課税評価額で売ってくれ)。
監査は、不動産鑑定評価168万円を10円で販売したことを、違法又は不当な財産の処分に当たる。差額を市に補填しろという。しかし、購入した側は、まさか市チョーがマヌケで、違法な手続きで契約したと思っていないだろう。だから契約は正当に成立する。
このままでは、五島市は最低でも1,679,990 円の損である。だから、市チョーにそれを払えと勧告した。
差額を払えば、最低の五島市の被った損害は補填できるかもしれない。しかし、払いたくない野口市太郎市チョーは考えた。自分の責任で負った損を市民に払わせる方法だ。仮に私が払っても、違法な手続きで契約したことのままになるので、議会の承認で違法な状態を解消したい。
つまり、最低168万円する施設を、販売額10円にして、残りは寄付で今村氏にあげたことに変更して議会の同意を議決してもらう(事後のことなので承認ではなく追認となる)。
これで、俺の責任(五島市の損害を弁償すること)をとらず、ゼーキンでその分を寄付させる。これはいい考えだ。議会もなーんも考えてないし分からんだろうから賛成するだろう。めでたしめでたしだ。
本来なら、地方自治法上は、違法な契約だから10円の売買契約は無効なのである。だから、契約を取り消して、再度、正当な手続きで契約し直すべき案件である。しかし、民法上は合法である。
ふるさと大使である今村氏にお願いする。10円で買ったものだから、民法上のことは置いて、ボンクラ市チョーと交わした契約を撤回して、解消したらどうだろうか。五島市のために一肌脱ぐのがふるさと大使の心意気ではないですか。
最後に結論を言えば、特定の農業法人にだけに10円で譲渡することは、市チョーの裁量権の逸脱又はその濫用になる。つまり違法なのだ。今村氏が前の施設の構成員だからいっても、普通財産の譲渡には関係ない。
地方自治法237条2項、五島市財産の交換、譲与、無償貸付け等に関する条例第3条1項1号を見て熟読しなさい。
「公共用又は公益事業の用に供するため」と財産譲渡の要件の定めがある。これに反して特定の農業法人10円で譲渡したことは「公共用又は公益事業の用に供するため」とは言えず、違法である。この違法性は議会の追認を受けても、違法性の瑕疵は治癒できない。残念でした。
ウソというなら、法務の九大法吏員に聞いてくんしゃい。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員定数削減への公約達成

陳情の趣旨
五島市議会において直ちに議員定数等調査特別委員会を発足させ、議員定数を現行の20名(1名欠員)から5名削減し、次回2021年の議員選挙より議員定数15名に適用されることを陳情しておりましたが、2019年12月議会にて2名減の18名が承認されました。
署名にご協力いただきました有権者の皆様方、ご協力ありがとうございました。