水に流せる問題ではない

市役所のトイレ便器

昨年11月には野口市長の自宅前にて問題提起の演説をしていた私。

この一月後の12月議会にて市側は答弁に困っていた。
それでも市議会は問題解明への100条特別委員会設置は必要ないとした(12月定例会への陳情)


読者投稿㉘

郵便番号:853-0013
住所:五島市上大津町

 監査委員の判断によれば「議会の議決(追認)を経たときは、これらの規定による議決を欠いた瑕疵は治癒される」と結論づけている。引用した山形地裁平成14年10月22日判決は「妥当であるかどうかについて議会に審査させ、その結果議会の議決が得られた場合に限ってこれを許すこととする点にある」としているではないか。単に不動産鑑定評価額1,680,000円を随意契約で10円で販売ことは妥当かどうかを審議させねばならないということだ。無償なら報告の必要があるが、有償なら必要ない。「10円を隠して、適正な対価なら報告不要である。」このように部チョーの久保が答弁していたこと忘れてないよ。
 普通に考えれば、議員たちは完全になめられていると思う。本人らは何とも思わないのか不思議だ。カネがないという五島市が、市民の財産なら10円でいいなら、自分ものも10円にして問題ないですよね。部チョーの久保の邸は10円で問題ないと思う。いや10円は、市民の財産と比べて高いかもしれない。
 市チョー派の議員でもバカじゃないから追認するわけないだろう。決裁に関わった市役所の職員で損害を補填しろ。今村氏に10円+補填額(評価額)で買い戻しをお願いしろ(買い戻しできたとしても、額はもっと上がるかもしれないが誠意持ってお願いするしかない)。今度はちゃんと公募で再度競争入札しろ。
 仮に、随意契約で鑑定評価額1,680,000円を10円で売ったことを正当と議員が認めるなら、正当である理由を市民に説明できないといけない。
 それでも、誰かが提訴して司法判断を求めることになるだろう。市民は、議員たちがどういう判断をするかしっかり見ている。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

Youtube

毎月不定期にて街頭演説を行わせていただいております。
場所は五島市役所前、五島市総合福祉センター前、東浜町エレナ様前、ごとう農協本店前、シティーモール様前などで行っております。