読者投稿㉖

住所:五島市上大津町

黒川は、見た時から性格が顔に出ていた。こいつは緊急事態下、賭けマージャンやっていたそうだ。賭ける物が、一時娯楽のために消費する物は、賭博罪を構成しないが、ゼニをかけたらアウト。犯罪を犯した者は、当然刑事罰の対象になるが、起訴するどうかは検察官にしかできない。
検察官は常習賭博罪常習の場合、当然起訴すべき犯罪である。常習賭博かどうかは、内容、賭けた金額、賭博行為の回数、前科の有無などを総合的に判断して決せられる。黒川は月2回程度賭けマージャンやっていると賭博ナカマの新聞社員が言っている。正しければ、常習賭博罪を構成する案件だ。
自粛要請中、密になる麻雀をやっていたのを非難するマスコミは的外れだ。道義的責任というのは、本人の良心にしか期待できないもの。それを要求するのは無理なのだ。自粛要請を無視するのは犯罪でも何でもない。問題なのは、犯罪者を唯一起訴できる検察官(検察審査会の強制起訴等特例を除く)が、犯罪を犯したということだ。
奈留市役所職員も本当なら犯罪者で、このまま務めることは許されない。上に立つものが胸に手を当てて犯罪を犯してないというなら処分できるが、人のこと言えないなら、うやむやにするしかない。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

後援会便り講読申込み

定期的に毎月一回後援会便りをお届けしています。
講読は無料ですのでご心配いりません。
市議選まで1年となりカウントダウンが始まりましたのでサイト上で全てを閲覧可能と致します。
後援会便り