【長「詐欺」県議会議員】中村和弥

諫早市選出の中村和弥議員
長「詐欺」県議会議員だそうです。
調べによりますと、領収書を偽造し不正受給に手を出してしまった。議会事務局に嘘がばれず「崎」が全く見えずでの「詐欺」行為だったと認めている。

過去5年の分は返納した。県民の皆様に対しては返納したことにより「けじめ」はつけた。詐欺行為ではなく稚拙な勘違いで4万円の事務所費を8万円として水増し報告し頂いていた。発覚する等の不安は一切なかった、自分の技術で領収書を使い回しして報告書として提出し続けた。

偽造された領収書を見破れずに受領し支出した議会事務局が悪いのだ。と口放った。


埼玉の自民県議 545万円不正受給/政務活動費 領収書偽造

2017年7月12日 00:00

埼玉県議会の自民党県議団は11日、同会派の沢田力県議(49)が、領収書を偽造して政務活動費約545万円を不正受給していたと明らかにした。県議団は同日、沢田県議から全額返還を受け、除名処分を決めた。県とともに、現時点で告訴の予定はないとしている。

今回の事件に関して、自民党県議団に所属していた議員が、政務活動費の使用に関して辞職したことは、県民に対して議会の信頼を失墜させる行為で、誠に遺憾であります。
相手業者の印鑑まで作って、領収書を偽造した大変悪質な不正受給行為であって辞職は当然としても、本人は記者会見を開いてどうしてこのうような行為に及んだのか、ことの経緯をしっかり県民に対して説明し公の場で県民に対して謝罪すべきであります。
また、再発防止には、議員単位で政務活動費の領収書のネット公開が必要でしょう。
まずは、再発防止のためにも私どもが提案した「議会あり方検討会」か、何度も超党派で提案した「議会改革特別委員会」のなどの設置を埼玉県議会としてすべきだと考え、今後も求めてまいります。
決してこの件を一人の議員の辞職だけで終わらせずに、再発防止の抜本的解決に向けて、特に所属していた自民党県議団は単独過半数を持つ責任会派として、今後しっかり対応していただけるようにしていただきたいと思います。


令和2年5月7日

長崎県知事 中村 法道   様

刑事訴訟法第239条第2項に基づく刑事告訴の請求について
中村和弥の政務活動費の不正受給に係る詐欺事件等

請求人  塚 本   茂
請求人  丸 田 敬 章

第1 まえがき
請求人らは、長崎県議会議員中村和弥の政務活動費の事務所費の支出に疑念を抱き事務所の現地の実態を調査し、且つ中村和弥が作成した政務活動費収支報告書、活動報告書兼支払証明書、会計帳簿、及び議会事務局が作成した政務活動費に関する収支報告書の状況等を精査の結果、政務活動費で支払ったとする賃借事務所は実態がないと認識し、地方自治法第242条に基づき長崎県監査委員会に住民監査請求を請求した。

第2 住民監査請求と中村和弥の違法行為
中村和弥は、自らの不正受給を認め、令和2年4月29日に5ケ年間の不正受給分及び利息を付して408万円を長崎県に返還した。
中村和弥の違法行為は、請求人の地方自治法第242条に基づく住民監査請求が行われなければ発覚することなく、今後長年にわたり長崎県民の血税が違法に消費されたことは必至であった。
この推測は、中村和弥の違法行為が恐らく10ケ年間は継続したことは過去の政務活動費収支報告書を精査すれば明確である。
又、中村和弥の違法行為は自ら自主的に違法行為を是正したものではなく、請求人らの執拗な合法的追求により、やむを得ず犯罪行為を認めたものである。

第3 中村和弥の刑事犯罪行為
中村和弥の政務活動費の不正受給は、悪質、悪意、且つ計画的であり、しかも長年にわたる長崎県民の血税を不正に受給し、且つ違法に消費した。
この中村和弥の違法行為は、刑法第246条刑法第156条及び刑法第158条に該当する犯罪行為である。

第4 結論
長崎県は、長崎県民の権利と利益の保護のため刑事訴訟法第239条第2項に基づき、且つ県民に対する責任上も、又長年の違法行為を見逃す業務怠慢を糾すことからも、進んで中村和弥を刑法第246条刑法第156条及び刑法第158条に該当する罪状で告訴することを請求する。
なお、最悪の場合は、刑法第253条(業務上横領)に該当し、同罪での告訴も検討されることを要望する。

本件の「刑事訴訟法第239条第2項に基づく刑事告訴の請求について」は、行政事件訴訟法第3条第6項第1号の規定に基づく訴訟に先立って請求するものである。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員定数削減への公約達成

陳情の趣旨
五島市議会において直ちに議員定数等調査特別委員会を発足させ、議員定数を現行の20名(1名欠員)から5名削減し、次回2021年の議員選挙より議員定数15名に適用されることを陳情しておりましたが、2019年12月議会にて2名減の18名が承認されました。
署名にご協力いただきました有権者の皆様方、ご協力ありがとうございました。