読者投稿⑥

郵便番号:853-0013
住所①:長崎県
住所②:五島市上大津町

お問い合わせ内容: 責任をはじめ「バカ者キング」が蔓延っている五島市である。イタリアやアメリカ合衆国の新型コロナウイルスの猛威をなんと考えるか。
日本は安心できる状況ではないのは、政府も認めてるじゃないか。オリンピックのことがあって、これでも控えめに発言しているのである。
五島市で新型コロナウイルスが蔓延したら、即医療崩壊だ。イタリアの比じゃない。「バカ者キング」はニュースを見ないのか、見ても現状を理解できないのだろう。
少しの来島客を期待し、大博打をうち、結果として五島の老人一掃させるつもりか。イタリヤや武漢より五島市が医療施設が充実してると思っているのか。医療崩壊が来るというより、既に頭が崩壊しているように感じる。
バラモンキングでどのくらいの利益が期待できるのか。その代償を得るために、老人がどの程度亡くなるのか。具体的には分からない。
言えるのは、五島市で新型コロナウイルスが蔓延する危険性が高いこと。負のイメージがついたら、半永久的に観光客は来なくなるということ。つまり暗くて気持ち悪い島の代表になる。
離島は蔓延、即、医療崩壊することになる。火葬場も足りなくなる。米国はクルーズ船の失敗から乗客を速やかに下船させる方法をとったが、不沈老人船は降ろすところがないのである。
五島市を救う唯一の方法はボケ船チョーを早く下船するしかない。


ベント自粛はいつまで?断定できる問題ではない

バラモンキング、まだ3か月先だから様子をみながらなどと判断を先延ばしにすることは返って参加者に迷惑をかけてしまうのだ。中止する場合、早いに越したことはない。長崎市の帆船まつり(5月開催)もいち早く11月への延期を発表。なぜだかわかりますか?海外からの帆船が参加されるからだ。押し迫っての態度決定では参加者に多大な迷惑をかけることになるからである。

大会組織委員会(会長は野口市長)で判断出来ないのであれば、時間はあるからして主権者である市民に聴き取りすれば良いのである。心配することはない、バラモンキング大会は五島市全体への経済効果での歓迎は無いに近い。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

後援会便り講読申込み

定期的に毎月一回後援会便りをお届けしています。
講読は無料ですのでご心配いりません。
市議選まで6カ月をきりカウントダウンが始まりましたのでサイト上で全てを閲覧可能と致します。
後援会便り