長崎県議会議員・中村和弥県議の詐欺の手口が稚拙すぎ

3月3日、詐欺罪で告発され、県監査委員会へ住民監査請求を提出された長崎県議会議員・中村和弥県議(諫早市選出)の詐欺の手口は幼稚といえば幼稚だが、計画的で悪質なものであった。

また、中村和弥県議外一名に対し、3月6日に長崎地方裁判所に不当利得返還請求の訴えを起こした。
全て塞がれてしまったわけである。

Yahoo地域版ニュースにまで取り上げられたわけたが、読書コメントには浅はかな考えのコメントがあった。

脅しに乗らなっかったから告発した?この行為を恐喝と言うんです。

我々は開会中の議会時に本人らが知らないうちにことを済ませたのである。前日夕方に、県庁記者クラブにて記者会見申請書を提出し、その足で監査事務局を訪問して明日監査請求を提出すると段取りを組んだのである。

だから本人は全く寝耳に水であった。

政務活動費の不正受給の手口は領収書の偽造とかが主流だが、長崎市では市議会議員が他人のガソリン代の領収書で不正受給していたのがバレ、議員を辞職するという事件が起きたばかりである。

今回、中村和弥県議は実態のない事務所を事務所として県に申告し、長崎県から月額8万円、1年で96万円をだまし取ったとして告発されているが、中村和弥県議が県に提出している不動産屋(有限会社・イレブンハウス・代表取締役・辻登志美)の平成30年4月25日~平成31年3月25日付けの12枚の領収書は日付けと通し番号こそ違うが、印紙に押す印鑑の位置も会社印の位置も全て同じ位置であり、1枚の領収書を偽造していることはバレバレである。30年8月25日、30年11月25日は銀行は休みであり手渡しでないと家賃支払いは無理な話であることも申し添えておこう。

しかも領収書の通し番号がNO265(H30.4)~276(H31.3)と領収書を扱う人なら誰でもわかると思うが在り得ない。毎月1件入金だけの不動産屋なのかい?

今回の中村和弥県議の詐欺の手口は幼稚で笑えるくらい単純だが腹立つくらい悪質である。私は県民の一人として『不正』を突きつけたのである。

なぜ五島市の丸田が中村県議会議員を?とのことを聞かれるのでありますが、私はずっと山田ひろし県議を調査し続けてきた。そんな私の活動をご存知の○○業界の方々から有明商事と山田ひろし県議の関係も調べてみると面白いぞ‼️と情報が舞い込んできてからがスタートだったのであります。有明商事といえば中村和弥県議会議員ですからね。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員定数削減への公約達成

陳情の趣旨
五島市議会において直ちに議員定数等調査特別委員会を発足させ、議員定数を現行の20名(1名欠員)から5名削減し、次回2021年の議員選挙より議員定数15名に適用されることを陳情しておりましたが、2019年12月議会にて2名減の18名が承認されました。
署名にご協力いただきました有権者の皆様方、ご協力ありがとうございました。