デマ拡散されていた江川町『事故』

逮捕された被疑者の名前教えてくれとのメール(フリーアドレス)が殺到しておりますが、対応できない事を本サイト上にてご通知致します。
どうしても知りたい方は、捜査が終わり検察庁から起訴されればいずれ裁判所にて刑事訴訟が始まりますので、毎週木曜日に五島市にある裁判所にてご確認ねがいます。(令和2年2月21日追記)

明日の新聞各紙にて情報を得てください。

連日のように五島市民が検索していた『事件』。窃盗の容疑で五島警察署が被疑者を確保されたようです。

当団体へのページに検索ヒットが連日ありましたので簡素に報告させていただきました。

行政、議員等の公職に無関係な事件・事故なので当サイト上での事件詳細は控えさせていただきます。ご了承願います。

道路で仮眠するのもいかがなものか、、、、。
とはいえ、夜中に発生した物取りなので皆様方自宅や事務所等の戸締まりなど気を付けてくださいませ。

事件発生場所:五島市栄町
被害者:29歳 会社員男性
被疑者:24歳 無職男性


窃盗(仮睡者ねらい)事件被疑者の逮捕 【五島警察署など】

五島警察署と捜査第一課は、仮睡中の男性所有である現金在中の財布を盗んだ無職の男(24歳)を窃盗事件被疑者として、2月19日(水曜日)通常逮捕しました。


法令用語では「被疑者」、マスコミ用語では「容疑者」という区別も、実は正しくない。
基本的に法令上は「被疑者」を用いるが、出入国管理及び難民認定法違反の疑いで調査される外国人を指す際は、「容疑者」の呼称が用いられる。

「被疑者(容疑者)」と呼ばれるのは、嫌疑を受け、逮捕され、取り調べを受けている間で、犯罪の嫌疑が十分であるとして、検察から刑事訴訟で起訴された段階で「被告人」となる。
マスコミでは「被告人」を「被告」と呼ぶこともあるが、「被告」は民事訴訟や行政事件訴訟で訴えられた者のことで、刑事訴訟では「被告人」である。

犯人は、罪を犯した犯罪者のこと。
被疑者(容疑者)や被告人の段階では、有罪が確定していないため犯人ではない。
しかし、呼び捨てにしなくなったものの、マスコミの報道では「容疑者=犯人」のような扱いをしているため、無罪判決が下った被告人が社会的な不利益を被ることもある。

そういう私も現在「被疑者」として五島警察署から取調べを受けている真っ只中でございます!

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

Youtube

毎月不定期にて街頭演説を行わせていただいております。
場所は五島市役所前、五島市総合福祉センター前、東浜町エレナ様前、ごとう農協本店前、シティーモール様前などで行っております。