山田ひろし県議、国政進出を前にして何をなさりたいのですか?

平成27年 長崎県議会議員一般選挙当選(四期目)時には長崎県政を監視する会のサイト上から記事は削除されたりはしなかった。ならば当時の統一地方選挙期間中にも掲載されていた事実に対して投稿者を告訴するのが筋でしょうに。長崎県警察内部に山田ひろしの言いなりで操られている警察官がいるってことか⁉️

ホームページをリニューアルしました。昨年の7月突如ホームページにアクセス不可能となる。
CMSの管理者権限でも入れない。
サーバーにもアクセス不可能・・・。
FTTPでのデータにはたどり着くが、肝心のデータべースは無理のようだった。
私が選択した方法は、サーバーのフォーマット。つまりこれまでの記事すべてを捨てざるを得ないというもの。
復旧するには何日要すかわからない、だからフォーマットしページリニューアルの方法を選んだのだ。
その時の記事にお知らせとして

[お知らせ]
サイトリニューアル中につきご不便をおかけいたしました。2019年も上半期が終わり次選まで1年半年となり、これまでの公開記事が変に悪用され、私の人格が印象操作されるような心配がありえるからだ。

『目には目を』でも無く、『やられたらやり返す』でもありません。
私は自分の身を守るためだけに平気で嘘をつく輩を許さない!そのために行動しているだけです。
プロのご指導の下、告訴状作成に長崎へ滞在すること13時間半。→知る人は知る

自分自身で訴状の叩き台を作り、たまたま東京から長崎入りしておられた法律の師と仰ぐMR.Tに説明しながら手直しして完成に至る。
知らぬは一生の恥、知り得るは自分の力なり‼️


令和2年2月8日

告  訴  状

長崎県五島警察署長 殿

長崎県五島市大荒町○○○番地○
告訴人 丸田 敬章

第1 告訴の趣旨
被告訴人は、告訴人に対する下記の違法行為の事実があり、これら違法行為は刑法第172条(虚偽告訴罪)、刑法234条(威力業務妨害罪)及び刑法第193条(公務員職権濫用罪)に該当するので取調べの上、被告訴人を厳重に処罰していただきたく、告訴します。

第2 当事者
1 長崎県五島市大荒町○○○番地○
告訴人  丸田 敬章
2 長崎県五島市大荒町○○○○番地
被告訴人 山田 博司(長崎県会議員)

第3 被告訴人の違法行為と刑法該当条項
1 被告訴人の虚偽事項の公表罪について
1、被告訴人は、事実関係を充分調査せず、かつ虚偽の事実を基に公職選挙法
第235条(虚偽事項の公表罪)第2項に該当すると告訴人を長崎県警本部に告訴した。
2、長崎県警本部は、被告訴人の告訴を受理し、かつ告訴人の家宅捜査を行った。
3、そもそも、被告訴人が主張している「虚偽事項公表」にあたる記事は「長崎県政を監視する会」(https://blog.goo.ne.jp/kenseiwokansisurukai)にて2013年から2019年3月頃まで掲載されていた(削除日は不明)ものである。
告訴人は「長崎県政を監視する会」とは全く関係なく、かつ掲載文書等の作成等にも一切関係なく、かつ不知である。
4、告訴人は、2019年4月の統一地方選挙期間中に「長崎県政を監視する会」掲載の記事が削除されていることに疑問を抱き、2019年3月30日にネット上のキャッシュ情報よりページにて掲載した。
告訴人は、当該記事タイトルは記憶にない(2019年7月中頃にサーバー異変で全記事消滅)。

2 被告訴人の虚偽告訴罪
1、被告訴人は、虚偽の事実に基づき告訴人を長崎県警本部に刑事告訴した。
2、告訴人は、被告訴人の虚偽事実の基づく告訴により、令和2年2月6日午前8時より、五島警察署刑事課の家宅捜査を受けた。
3、告訴人は、被告訴人の虚偽告訴による家宅捜索等で多大の精神的苦痛を受けた。
4、告訴人は、直ちに被告訴人の違法な告訴に基づく家宅捜索に対し準抗告を申立てる準備をしたが、担当司法警察官の押収品の返還もあり長崎地方裁判所五島支部への申立てを中止した。

3 被告訴人の公務員職権濫用罪
被告訴人による公職選挙法の虚偽事項公表罪での刑事告訴は、長崎県警本部に対して長崎県議会議員の職権を最大限に悪用した職権濫用(刑法第193条)に該当する。

4 被告訴人の威力業務妨害罪
告訴人は、前回の五島市議選に立候補し、更に2021年2月執行予定の五島市議会議員選挙に向け日々政治活動を行っている。
然るに、被告訴人の虚偽告訴行為は、告訴人の日常の活動を威力をもって妨害する違法行為であり、刑法第234条(威力業務妨害)に該当する。

第4 該当する罪名
1 刑法第172条(虚偽告訴罪)第2項
2 刑法第234条(威力業務妨害罪)
3 刑法第193条(公務員職権濫用罪)

第5 証拠
家宅捜査に係る押収品目録一覧(コピー2枚
捜索証明書(コピー1枚)


仮に五島警察署が本告訴状を受理しないのであれば、すぐさま長崎地方検察庁五島支部へ提出し不起訴処分となった折には検察審査会へ不服申し立てを行い、徹底して挑戦し続ける考えであります。

なお、本日令和2年2月8日付で五島警察署へ提出する告訴状および長崎地方検察庁五島支部へ提出準備の告訴状は山田ひろし事務所さらには、長崎県議会事務局を通じ「県民・島民の会」代表 山田博司県議会議員へFAX送信にて返礼する予定である。

赤ジャンバーの山田博司(現職県議会議員)、黄色ジャンバーの丸田たかあき(一市民)は共に五島行きのジェットフォイルに乗船しているというなんとも滑稽(こっけい)な人生の一ページである。これもお天道様からのゴールデンプレゼントなのであろう。しかし県議選挙が終わって8か月してから訳のわからない分野(丸田潰し)に力を注ぎ込むより長崎県政、五島市発展の方向へ活動してくれたら良いのですがね。先輩県議の小林かつとし県議みたいに掲載された内容が【デマ】なのであるならば、なおさらその時点で(2013年時)行動に出るのが必要ではなかったのでは?http://kobayashikouenkai.livedoor.blog/archives/16244627.html

2020.2.8 五島警察署へ告訴状提出についてのご説明 街頭活動場所 馬責馬場交差点

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

Youtube

毎月不定期にて街頭演説を行わせていただいております。
場所は五島市役所前、五島市総合福祉センター前、東浜町エレナ様前、ごとう農協本店前、シティーモール様前などで行っております。