五島市野口市長が呼び寄せた政治結社「日本天眞塾」

今朝から慌ただしい五島市中心市街地。

先月30日、東京五島会にて挨拶された「五島市は元気です!」の意味がやっと理解できた。

政治結社「日本天眞塾」が街宣活動に来られる事で五島市は元気だって言いたかった野口市長だったのですね。

さすがは先輩想いの野口市長、お騒がせは10円で施設一式を売り払っただけではなかった。政治結社「日本天眞塾」の街宣活動にて市民に譲渡を説明してもらうと言う粋な計らいがあったのですね!

五島市玉之浦花き栽培施設10円譲渡問題。長崎市 の政治結社日本天眞塾が五島市長と株式会社HPI を糾弾。
今どき10円で購入できる鉄骨造のビニールハウス等があるのでしょうか!

さすがは五島市ふるさと大使の今村勇雄氏。五島市を賑やかにしてくれています。

市長お気に入りの一部の人達だけが優遇される五島市政にストップをかけないといけない。子どもが安心して成長できる島づくりに真剣に取り組む必要がある五島市の現実なのである。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員定数削減への公約達成

陳情の趣旨
五島市議会において直ちに議員定数等調査特別委員会を発足させ、議員定数を現行の20名(1名欠員)から5名削減し、次回2021年の議員選挙より議員定数15名に適用されることを陳情しておりましたが、2019年12月議会にて2名減の18名が承認されました。
署名にご協力いただきました有権者の皆様方、ご協力ありがとうございました。