こんな条件で誰が借用しますか?

競売による土地購入者がその施設(補助事業での牛舎施設等)を継続利用した場合は、一定の未払い期間の利用料を支払う必要があり、さらに残りの契約期間の利用料を契約期間満了まで毎年土地所有者がすべて支払えば、当該工作物の所有は土地所有者に帰属する契約となっている。

一定の未払い期間の利用料を支払う必要?!

はあ?って感じになりませんか?
失踪者の未払い分を支払ってくれ。
ごとう農協執行部、馬鹿じゃないの?

あなた方はこのような条件のもと、既存の補助事業牛舎施設を借り受けますか?すんなり言われるがままに借り受けるのは五島市農業振興課課長の田脇くらいでしょうに。

また上記以外で特記事項には、これらの施設を使用するためには利用料が必要となり・・・。とある。
つまり入札者は施設の利用計画がなくても土地を購入することができると記載されているのと同じである。

これらの施設を利用するためには、平成17年度(当初)は792,740円/年の利用料が発生し、年々逓減する契約で・・・。少なくとも7年位は支払われていたからして、500万近くは回収できていたのだ(因みに農協の自己資金分は960万)。
施設を利用するには利用料が発生する。そして前使用者の未払い分も支払ってあげないといけない!!
誰がこんな農協の思う壺で借用する「馬や鹿」がいるでしょうか!?
ならばごとう農協さん、施設が建立している状況にはきちんと無断占有料を支払うべきなのです。
また、土地代金について農協が値段を決めることはできないのである。
なぜなら、施設利用料金は農協が決めているでしょうに!!

そして五島市は土地所有者に言いがかりをつけようとしての行動だったかは知らないが。個人所有財産に対して公有財産使用料の計算までした経緯があるからして、牛舎当施設の借用料の金額もご提示していただけねばアンフェアってことになります。

こんな自分らの都合しか考えないごとう農協の言いなりで違約金575万円を放棄した五島市はとんでもない自治体である。

一軒の空き家、前居住者の未払い金を支払って頂けないと貸与できません!借り手は見つからないでしょうね。

私、丸田は五島市の既得権益と行政の関係にメスを入れる活動も行っていきます。

 

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員質問登壇状況

質問にも立たない議員が議員である意味があるのだろうか?
また、簡単な質問を数多くすれば良いってものでもない。
あなたが支持している議員の一般質問をご存じでしょうか?