五島夕焼けマラソン、吉野家出店場所がマツキヨの理由

2012年6月18日の記事を再掲載いたします。

ケツの穴が小さ過ぎる五島市役所幹部

バラモンキングに関する五島市イメージダウンご紹介します。
五島市のメインイベントの一つ、トライアスロン「バラモンキング」が17日メイン会場をみなと公園に移し開催された。
牛丼で有名な吉野家さんが昨年の震災を機に移動調理専用車を3台つくりました。
その後は日本全国の離島地区にそのままの価格でそのままの味を届けようプロジェクトで専用車の利用が始まりました。

『五島一変人でよか男』それが丸田だ!

本年2月、五島列島五島市のトライアスロン大会を盛り上げる一環でイベントへのサポート出店を五島市在住の企業社長へ話しがきました。
前任の古川課長(現在建設業協会事務局長に天下り)との協議で、大会スポンサーとして30万円寄付する内容で了承いただければ何等問題は無いですね。という回答を頂きました。

吉野家本部へ話しをあげるのに大会イベントの企画書等を準備してくれとの話に進み、行政からの企画書提出をまっていたが、4月.5月と届く気配無し。

心配になり前課長の古川課長(現在建設業協会事務局長に天下り)に連絡したところ、後任の大窄課長(現在は市教委生涯学習課長に出世)に全て話しは通していますから大丈夫ですよ、連絡させますね・・・

その後、大窄課長(現在は市教委生涯学習課長に出世)と職員の2名が間にはいっている当地の世話役人を訪問。
「先方に断ってください。牛同士でJA五島様に迷惑をかける」

30万円のスポンサー料も協力し、離島地区の子供からご老人に、TVCMでしか知らない吉野野の牛丼を届けに行こう、そしていくらかでもイベントそのものを盛り上げる客寄せパンダ役をかって出ようと言う企業理念にノーを叩きつけた五島市。

世話役の会社社長は吉野家さんへ断りも出来ないくらい迷った挙句、単独で走り回り。大会メイン会場そばのミドリ薬局様(現マツモトキヨシ)の協力の下、17日の一日限定2000食の営業展開に動くことになりました。

『五島一変人でよか男』それが丸田だ!

この話はJAごとうも知らない話です。

大窄観光交流課長(現在は市教委生涯学習課長に出世)の独断で一方的に相手側からの大会へのスポンサー料寄付そして、出店にノーと結論付けました。
また数日後、五島市長中尾さんより大窄課長(現在は市教委生涯学習課長に出世)は勝手な話を民間と決めるなとまで叱り飛ばされたそうです。

吉野家とJAごとうのどこがバッティングするのか意味不明です。

逆に最高級と言われる五島牛をプレゼントして

プレミヤ高級五島牛使用の牛丼が生まれることを夢見るのも立派な戦略だと変人は考えるのだが・・・

17日開催されたトライアスロンの裏舞台のいい加減なとんでもない行政事情です。

先日14日、渦中の大窄課長(現在は市教委生涯学習課長に出世)に電話確認

一言聞いてみました。

私個人が吉野家の牛丼FCを五島の地にて開業する場合

JAごとうと、五島市役所、飲食店組合は私にNOと叩きつけるんですね!!
五島の地で牛丼屋をするにはJA五島の許可と、五島牛の使用が義務付けられるんですかね!

相乗効果と言う意味!
私は夕方から家族四人でお目当ての選手のRUNを応援にメイン会場に向かった。
地元の数業者の露店場所にオレンジチャレンジ号があったならば又、ちがった賑わいもあっただろう。
祭りと違い露店は普通のテント営業。
遠目には露店とはわかりづらい。
会場配置でも見とかないと一発でわかる人もすくないだろうね!
注目されるもの!
元気に呼び込みする声!
会場の華!
イペンターはこんなところにも気を配らなきゃね。
photo:06

帰り際に買い求めに伺った二回目、用意されていた2000食も九割販売出来ましたとの事でしたニコニコ

良かった良かった\(^o^)/

photo:04
場所を提供したミドリ薬局さんへの志し、
吉野家さんが準備したミドリ薬局とのコラボクーポンジュース10%OFF券付き。企業間協力いいね!

photo:04

個人的には
横浜のアルミマンこと、永野選手、福岡の今岡選手との再会ができ、応援できたので目的は達成できた。
アルミマンさんは
病気の完治もしていない状態で、娘との約束をと懸命に完走に向け頑張る姿をみせてくれた。
人と人との約束・・・・
アルミマンさん本当にありがとう。
また来年もお会いしましょう!!


当時はトライアスロン大会への協賛企業としての伺いであった。そして五島初上陸の吉野家号。
いまやいろいろな大会へも顔を出してくださっている吉野家。
24日開催された夕焼けマラソンにも出店されていたとのこと。
ちなみにJAごとうは夕焼けマラソンには協賛するが、今現在のトライアスロンには企業協力をしていない。

農協関係者によると、
確か、以前は協賛してましたね(30万円?)
宮崎(県内)での家畜伝染病発生時に五島牛を守るためにトライスロン大会を中止させたとの流れから行政(大会実行委本部)と不仲になり現在(非協賛)に至っているのでは?

※参考に→https://r.nikkei.com/article/DGXNSSXKB0406_R30C10A5000000?s=3

なぜか、歴世から五島市と農協は相容れない組織でした‥このことも五島の発展の重石ですね。

さて経営理念に掲げられている3点目
地域社会に貢献しうるJA
協同組合としての公的使命を果たすために、地域社会に貢献できるJAづくりを進めています。そのためにも、地域住民に選ばれる満足度の高い事業展開に努め、積極的な組合員加入促進に努めています。

ここでも虚偽を行われていると指摘させていただきます。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

Youtube

毎月不定期にて街頭演説を行わせていただいております。
場所は五島市役所前、五島市総合福祉センター前、東浜町エレナ様前、ごとう農協本店前、シティーモール様前などで行っております。