五島市長選挙まで1年なのです

五島市長の任期は令和2年9月4日。

2012年8月19日告示、26日投開票
2016年8月21日告示、28日投開票(無投票再選)

さて来年度の任期満了に伴う市長選挙であるが、任期満了日前 30日以内に選挙が行われる。8月16日告示、23日投開票また、8月23日告示、30日投開票。これまでの投開票日から考えれば、8月23日告示、30日投開票が可能性として高いでしょう。

現時点では現職の野口市長は態度表明されていませんが、移住して「国境離島新法、雇用機会拡充補助金」をゲットした「移住して4年の者」がいち早く市長選挙への出馬を表明されているようだ。

公職選挙法には、市長選挙に立候補できる者についての規定がある(10条)。そこには、「日本国民」「年齢満25年以上の者」という条件が書かれているが、住所については特に書かれていない。

であるからして、「五島市長に立候補するには、日本国民で、満25歳以上の人であればよく、五島市内に住んでいることを条件としていません」。※市議選出馬については、日本国民で、満25歳以上の人で、その市議会議員の選挙権を有しているものと制限されています。

市議会議員から市長選挙に出馬する現職は皆無でしょう。市議会議員選挙は市長選挙の6ヵ月後。

ん?!

市長選挙に出馬するのも本命の「市議会議員選挙」への活動「地盤」「看板」への不安回避にプラスに働く!後は「カバン」をどうするか⁉️だな。

現職市議会議員が持ち合わせている3つのものが無くても、私丸田には「知恵」「覚悟」「行動力」の3つの「自慢」があるのです。


丸田たかあきもメディアに出馬の意向であると表明するか。

真面目に考えております^_^

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

後援会便り講読申込み

定期的に毎月一回後援会便りをお届けしています。
講読は無料ですのでご心配いりません。
市議選まで6カ月をきりカウントダウンが始まりましたのでサイト上で全てを閲覧可能と致します。
後援会便り