これでもジオパーク認証できるとお考えでしょうか?

ジオパークとは

ジオパークは、地質学的重要性を有するサイトや景観が、保護・教育・持続可能な開発が一体となった概念によって管理された、単一の、統合された地理的領域です。 (日本ジオパーク委員会)


※ジオパーク学習

昨日、富江町の天保海岸(あまやすかいがん)を中心にジオパーク学習を開催しました。
海岸にある石の違いから、大地の成り立ちとそ人々の暮らしについて考えました。

富江の大地は主に火山の噴火で出来ています。サラサラの溶岩が流れたことで平坦な地形になり、山が少ないのが特徴です。平坦な地形は畑に利用しやすく、石蔵(貯蔵庫)やスケアン(溶岩を積んで潮の干満によって魚を獲る漁法)など、資源をうまく活用してきたことがわかります。(五島列島ジオパーク推進協議会Facebookより転写)

県も保健所、五島市は知らないではすみません

五島市富江町黒瀬1934(草野ファーム黒瀬農場)からの排水の行きつく場所は何処でしょうか?天保海岸と理解しても間違いではありませんか?
また、排水を図式化した資料は請求によって手に入れることは可能でしょうか?

市役所へ問い合わせしたがどのように回答が来るのでしょうかね!

さんごで栄えた町、富江町。ジオパーク推進協議会が認証に向けて歩進めるも、今では豚舎からの悪臭、更には豚舎排出により生態系の変化、大腸菌等により水質が悪化しても誇れるジオパーク自然資産の一つであると誇れるのだろうか?

ジオパーク認証への審査は風向きなどをよく調べた上ですすめられたし。

豚舎からの悪臭、あなたは生活臭として受け入れて生活出来ますか?

悪臭は田尾から、黒瀬から。

IMG_5853

前回、ジオパーク認証が不合格であった理由。

・ジオパーク関係者のジオパークの理念や目標の理解と共有が不足している。
・ジオサイト候補地がほぼ地質的な場所に偏っているので、ジオパークの観点か らのジオサイト候補地の選定、再整理が必要である。
・ジオパークを地質の公園として捉えたジオサイトの設定され、サイトの説明や看 板などの内容が吟味されていない。
・ジオパークとしての可視性(パンフレット、看板や説明板)の整備が種類、量とも 不十分である。
・ジオガイド養成のための講座や質保証のための取組(認定制度)が未整備である。
・ジオパーク拠点施設のコンテンツの整備が不十分(来年度実施予定)
・ジオパークの学校教育への働きかけがあまり行われていない。教員や学校生 徒にも周知されていない。
・全般的に、現段階ではジオパーク設置に向けた準備段階という評価である。


こんな状況に苦しみもがく富江町岳地区。地域は悪臭のほか、五島市業者による産業廃棄物処理場の進出、風力発電建設と生活環境悪化が心配される。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員質問登壇状況

質問にも立たない議員が議員である意味があるのだろうか?
また、簡単な質問を数多くすれば良いってものでもない。
あなたが支持している議員の一般質問をご存じでしょうか?