最低制限価格は入札価格の『99.99%』

五島市本庁舎旧本館棟解体工事

五島市役所版の3密
(野口市太郎市政で作り上げられた3密)
①都合の悪い情報は秘密
②大事なこと決めるのは密室
③批判的な記事や意見は密封
の3密です。

・予定価格 132,447,000円(ランダム係数 0.99905493)※予定価格を超過した場合は超過となる。
・最低制限価格 119,981,000円(ランダム係数 1.00423667)※最低制限価格を下回った場合は失格となる。

増山建設入札落札額 119,990,000円

最低制限価格ドンピシャまで9000円、上回る額⁉️で落札した。

素晴らしい臭いがするのは私だけか?

副市長と谷川市議会議長何か臭いませんか?

入札落札の匂いへ敏感な私

増山建設さんは福江ショッパーズプラザ解体工事(アスベスト含む)に何故入札そのものに参加しなかったのだろうか? アスベストを含む旧大波止ホテルではかなり厳しい制限の中でアスベスト除却解体をやり抜いた解体のプロ増山建設であったのに。


ランダムだから談合はあり得ないという説明は打ち砕かれる

波佐見町の職員と電気工事会社役員が官製談合で逮捕

波佐見町が発注する学校の空調機の設置工事について、波佐見町の職員などが設計金額を町内の業者に漏らした官製談合防止法違反の疑いなどで逮捕されました。

官製談合防止法違反などの疑いで逮捕されたのは、波佐見町職員の 池上 昌平 容疑者(39)、公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕されたのは波佐見町の電気工事会社ダイニチの代表取締役 武村 龍弥 容疑者(52)です。

警察によりますと 池上 容疑者は2019年3月、波佐見町の小中学校3校の空調の設置工事の受注をめぐり、武村 容疑者に工賃や人件費などの概算である設計金額を漏らした疑いがもたれています。

武村 容疑者はその金額を元に最低制限価格に近い金額で工事を落札し、公正な入札を妨害した疑いがもたれています。

波佐見町によりますと、3つの工事のうちひとつは最低制限価格を約3万円だけ上回る金額で落札していて、3つの工事の落札額の合計は約1億5千600万円にのぼるということです。

池上 容疑者と 武村 容疑者は容疑を認めていて、警察は2人が過去の入札の件で面識があったとして捜査を続けています。

KTN記者 「波佐見町の教育委員会。警察による家宅捜索が行われています」

2人の逮捕を受けて、警察は池上容疑者が勤務している波佐見町教育委員会、波佐見町役場、武村 容疑者が勤務するダイニチで家宅捜索を行っています。

波佐見町教育委員会 福田 博治 教育次長「町民の信頼を損なうことになって深くお詫び申し上げたい」

波佐見町は16日会見を開き、職員の逮捕について説明し謝罪するとしています。(9/16(水) 12:14 テレビ長崎)

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員定数削減への公約達成

陳情の趣旨
五島市議会において直ちに議員定数等調査特別委員会を発足させ、議員定数を現行の20名(1名欠員)から5名削減し、次回2021年の議員選挙より議員定数15名に適用されることを陳情しておりましたが、2019年12月議会にて2名減の18名が承認されました。
署名にご協力いただきました有権者の皆様方、ご協力ありがとうございました。