【五島市長選挙情報】投開票日当日にはご注意下さい

選挙の投開票日当日に、特定候補への投票依頼のツイートをしてはいけない

意外と盲点かも知れないが、「選挙運動ができる期間」は、選挙の公示・告示日から投開票日の前日までとなっている(公職選挙法129条)。

候補者による街頭演説も投開票日の前日までとされており、それと同様に投開票がおこなわれる当日、特定候補への投票を呼びかけるツイートを投稿したり、他人のそのようなツイートをリツイートしたら、公選法違反になってしまうのだ。

ただし、ただ単に「投票にいきましょう」とか、「投票にいってきた」というツイートであれば、特定候補への投票依頼をしているわけではないので問題ない。


選挙運動最終日、午後8時前のマイク納めを終えた一時間半後に推薦する政党の代表が理解しがたい内容をSNSで発しておりました。

選挙運動、活動が出来るのは投開票日の前日までですので、両陣営の関係者の方々はご注意した方が良いですよ。

支援(当然に投票依頼)の拡散依頼とうけとれるSNS上で発せられた内容ですが、拡散依頼が出来る注意等が記載されていないので、公選法を知らない一般有権者は投開票日当日もやってしまうかもしれませんね。

SNSでの発信、メッセージ機能付きのアプリは削除したとしても証拠が残せますのでご注意下さいませ。


投開票日前日の23時59分まで出来るネット活動

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員定数削減への公約達成

陳情の趣旨
五島市議会において直ちに議員定数等調査特別委員会を発足させ、議員定数を現行の20名(1名欠員)から5名削減し、次回2021年の議員選挙より議員定数15名に適用されることを陳情しておりましたが、2019年12月議会にて2名減の18名が承認されました。
署名にご協力いただきました有権者の皆様方、ご協力ありがとうございました。