コロナ感染の県議会議員、五島市役所へ来ていた?!

言ってだでしょう!受け入れられない厳しさ

早とちり厳禁!!最後までしっかりとお読みください。

長崎県議会議員(長崎市選出議員)がコロナ感染確認のニュースが流れた瞬間に私は「まさかね!?」と頭をよぎったのだ。

長崎県自民党県連政調会五島市訪問へのお願い

自民党県連政調会御一行様。これでも五島市行き決行しますか?

野口市長、クラスター発生含め連日の感染者発生。本土からのヒアリング訪問、コロナウィルス感染者未発生の五島市なのです。TV会議でと!お話し出来ないのでしょうか?

と問いかけていた私であったのだ。

実は長崎県議会議員自民党県連政調会の訪問団の中に「県議会議員コロナ感染確認」の本人も市役所内で行われたヒアリングに参加されていたのです。

そこで心配になるのが!?

ご安心ください!
発症二日前が対象者なのでヒヤリングに参加された方は対象外だそうです!

自民党市議会議員(野党議員は含まれていません)議会事務局、市長部局はヒヤヒヤだった事でしょうが、記者会見にて15日は問題外のようですね。

県議会で長崎市選挙区選出の浦川基継議員が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。複数の議員と接触していて議会事務局が調査を進めている。

新型コロナウイルスの感染が確認されたのは県議会の浦川基継議員48歳。27日にPCR検査で陽性と判明。28日県内の医療機関に入院するという。現在、発熱などの症状はなく軽症だという。22日に大雨の被災地の現地視察で大村市と県央振興局を訪れていてそのほかの詳細な行動については県が確認を進めている。浦川議員の感染確認を受け県議会事務局や各会派は対応に追われた。浦川議員は長崎市選挙区選出で当選1回。15人で構成する自民の第2会派に所属する。複数の議員と接触していて、議会事務局では浦川議員を除く44人の議員に対し20日以降、接触の有無の確認を急いでいる。

しかし県の記者会見、「カメラ止めてください!」の発令後、中継が終わったのであった。何か重要な発表でも行われた?のかと感じたのは私だけなのか。

このご時世です。団体御一行様方からの行政視察や長崎県との会議など、テレワークで行っていただきたい。コロナ対策ヒヤリングにコロナ持って来ていたたかもなんてなっていたら洒落ですみませんからね。

テレワーク用端末導入業務公募型プロポーザルの実施

事業の目的

令和2年4月7日付け総務省文書「新型コロナウィルス対策等を踏まえた地方公共団体におけるテレワークの導入の推進」を受け、本市は場所を選ばずテレワークを活用するためにテレワークで使用するタブレット端末(通信回線を含む)を導入することとしました。

本業務は、テレワーク用タブレット端末(通信回線を含む)の円滑な導入を目的とするものです。


長崎新聞 7月29日 https://this.kiji.is/661011711075828833?c=174761113988793844
一方、自民党県連は15日から県内各地で実施していた移動政務調査会の一部延期を決めた。浦川氏は西海、五島両市と新上五島、時津、長与の3町での移動政調会に出席していた。同県連の冨永房利事務局長は「感染者が増えている状況なので残りの日程は延期する」と話した。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

後援会便り講読申込み

定期的に毎月一回後援会便りをお届けしています。
講読は無料ですのでご心配いりません。
市議選まで1年となりカウントダウンが始まりましたのでサイト上で全てを閲覧可能と致します。
後援会便り