ズレまくりの五島市、巨大なキリスト像でさえマスクつけての注意喚起

マスクをつけた銅像たち - フレディ・マーキュリーからブルース・リーまで

先週、とうとう新型コロナ感染者が2名確認された五島市であります。

リオの巨大キリスト像も…南米でマスク義務化

テレビニュースが流れて数時間経過、島内にあるドラッグストアーにはマスクを求める買い物客が殺到したと耳にする。私は今月4日、長崎市内で感染者が確認されたニュースが流れた翌朝に、市役所にある銅像と大浜にあるポリスマン像にマスクを着用させ市民への注意喚起に動くのであった。

市役所の田口翁銅像

五島市役所によるコロナ感染者確認の公式発表はテレビニュース速報が流れて16時間後。なんとものんきな五島市野口市政なのである。そんな体たらくな五島市野口市政はマスクを外すのだけは素早いのだから!(笑)

大浜のポリスマン

市民への注意喚起も出来ない五島市であるが、野口市長は「チラシ配布」で注意をお願いするのではなく、自分がやった!これもやった!あれもやった!自慢話で固められた「野口いちたろう後援会 令和2年第二号」のチラシを配布して回っているようだ。

この時期にコロナ感染に注意してください!と歩く市民を呼び止めて話しかけるのならば私でも「さすがは市長!」と敬意を表するのであるが、「チラシを渡し、「今、この地区の皆さんに挨拶をして回っております。よろしくお願いしまーす」との挨拶回りする輩を褒め称えはすることは出来ない。しかし何のための挨拶回りなのだろう、、、、。

ある市民からは破られたチラシの画像が送り届けられたのだ。

旧町では地元在住の現職市議会議員(自民党所属)が運転する車両で走り回り、市民を呼び止めてはチラシを配布しているとのこと。両名は丸田から逃げ回るが市民を呼び止める有様。しかし現職の市議会議員が運転する車両で「何」に対しで挨拶しまくっているのか?市政報告なら苦手な「市政懇談会」をやれば済む話であるが、現職市議会議員とのあ・い・さ・つ。宗教団体への加入勧誘なのだろうか?

呼び止められチラシを配布された市民の一人は、「観光客が多くて心配している」との心配話に「人の動きを止めるわけにはいかん」「とにかく人と離れて接することだ」と、自ら寄って来てから「人と離れて接して⁉️」などまるで漫談。
連日の丸田からの記事にて思考回路に落雷でもあったかのようだ。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

後援会便り講読申込み

定期的に毎月一回後援会便りをお届けしています。
講読は無料ですのでご心配いりません。
市議選まで1年となりカウントダウンが始まりましたのでサイト上で全てを閲覧可能と致します。
後援会便り