防災放送やめて、マスクも外す五島市!

長崎大学病院で実習していた20代の男子学生が、3日新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。

濃厚接触者の、家族や友人あわせて5人は検査の結果、「陰性」でした。

長崎大学病院で実習していた長崎市在住の20代の男子学生は3日夜、新型コロナウイルスの感染が確認されました。

長崎市は、男子学生が同居している家族4人と友人1人を濃厚接触者と判断し、4日PCR検査を行いました。

その結果、いずれも「陰性」だったということです。

長崎大学病院も男子学生と接触のあった職員や患者など78人を調査しています。

このうち、69人は陰性で、残る9人の検査は6日以降、行われる予定です。

ところで、北九州市は4日、長崎市在住の20代の会社員の女性が新型コロナウイルスに感染し、軽症と発表しました。

女性は6月26日、鹿児島県の飲食店を訪れていて、陽性患者の濃厚接触者とされていました。


五島市は市をあげて「終息モード」

長崎大学生のコロナ感染発生をうけて、私は即座に市役所にある偉大な田口翁銅像と大浜支所前のポリスマンにマスク(注意喚起)を付けて市民に対してコロナ感染予防を呼びかけた。

大浜のポリスマン

日曜日午後には市役所の銅像からマスクが外されていた。さらに五島市は防災無線によるコロナ感染予防の注意喚起も7月突入と同時になくなりました。

なのでまた付けてあげました。この行為が「器物損壊」「威力業務妨害」にあたるのか五島警察署へ相談するが良い。

五島市は市をあげて「終息宣言」したのでしょう。

市民の皆様、市役所も議会も誰も守ってくれません。国内では東京を中心にコロナ感染者は増えている状況ですので、終息はしておりません。コロナウィルスは未だに消滅しておりません!

各自で予防対策には万全の対策を講じてください。

防災無線スマートフォンアプリ「infocanal」

2020.06.30で終わった防災五島市による注意呼びかけ👇

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員定数削減への公約達成

陳情の趣旨
五島市議会において直ちに議員定数等調査特別委員会を発足させ、議員定数を現行の20名(1名欠員)から5名削減し、次回2021年の議員選挙より議員定数15名に適用されることを陳情しておりましたが、2019年12月議会にて2名減の18名が承認されました。
署名にご協力いただきました有権者の皆様方、ご協力ありがとうございました。