社会が余りにもみにくかったから

始まりを告げる告知は早いにこした事はない、しかし期間が終わったのであれば撤去も早いのが良い。

7月は“社会を明るくする運動”の強調月間です!

8月も4日となりましたが・・・。

「社会を明るくする運動」とは
「社会を明るくする運動」はすべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築こうとする全国的な運動です。昭和26年から法務省が主唱して行われています。運動の期間は毎年7月1日から7月31日までの1か月間です。

五島市でも毎年同じ期間を強調月間として啓発活動、中高生による弁論大会が開催されている。

五島市ではこの社会を明るくするっていうより、、、

先月の30日、31日は台風5号、6号が接近していたにもかかわらず啓発のためののぼりはそのまま。強調月間が終わってもそのまま。市長の徒歩による市役所までのコース途中箇所。

五島市では、「社会をみにくくする運動」をアピールしているように思え、情けない気持ちをどうすることも出来ず、関係者ではないが、撤去して担当課の市総務企画部総務課危機管理班へ。

忙しいから撤去作業に時間を割り当てれなかったのだろうな。
口を動かすより、先に体を動かせば良いだけだ。

のぼり設置の一箇所は協力するが、他の設置済み箇所は責任持って片付けてください。

終わり良ければ全てよし。

丸田たかあきについて

MARUTA TAKAAKI
MARUTA TAKAAKI五島市議会議員
五島市議会議員(一期目)五島一新の会。
予算委員会副委員長・総務水道委員会委員・職員懲戒審査委員会・福江港整備促進委員会・新型コロナウイルス感染症対策特別委員会副委員長