衆院選 長崎選挙区第3区の動向


解散権のある衆議院。
安倍政権も一時は解散有?!の霞が関であったが・・・・
当分は無いでしょうね。

本サイトにて国政に絡んだ動き情報を取り上げております。
民進党長崎県連は、7月1日に国民民主党長崎県連の結成大会を開いた。
毎日新聞によれば、次期衆院選長崎4区(佐世保市など)で、元職の宮島大典氏(55)が党本部の公認内定、代表代行に西岡秀子衆院議員(54)=長崎1区=が、副代表に次期参院選候補として党本部から公認を得た佐世保市の会社役員、白川鮎美氏(38)が就任した。そして、県連に所属する現職は、国会議員が西岡氏1人。県議5人、市町議員17人。旧民進党県連に所属していた一部の地方議員は、8月にも設立が予定されている立憲民主党の県組織に移る見通し。と報じられている。

丸田の独自取材によると、国民民主党長崎県では、次期衆院選に
長崎1区=現職の西岡秀子衆院議員
長崎2区=未定
長崎3区=県議会議員 山田博司
長崎4区=元職の宮島大典氏

長崎3区については、国民民主党県連へ、山田博司県議会議員が推薦願書を提出されているということだ(関係者への電話取材による)。
ほ~、来年の県議選背の推薦願でなく、次期衆院選挙への推薦願というから驚きだ。
そんな状況の山田博司への情報提供だが、

あなたが政治家で活動できるきっかけになられた恩師でもあられる山田正彦元農林水産大臣の息子=勝彦氏が、8月にも設立が予定されている立憲民主党長崎県第3選挙区から出馬を計画されているそうである。
よって、山田博司が当てにしていた元農林水産大臣経験者である山田正彦の支持票はご子息に流れるよ。

山田勝彦

株式会社やまびこ学苑 取締役
クリーンファーム 代表

2009年~2013年まで、元農林水産大臣山田正彦の秘書を務める。2010年には農林水産大臣政務秘書官に就任。TPP阻止や改正離島振興法の活用による島の活性化を目指し政治活動を行う。2013年、自然エネルギーの普及を目指し、クリーンファーム(太陽光発電販売店)を開業。2014年、子ども発達支援やまびこ学苑(発達障がいの子供たちの療育支援施設)を開校。

子ども発達支援やまびこ学苑(※五島教室は旧靴の流通跡に構えられている。衆院選狙いならば、五島市に学苑を設置した理由は納得できる。)

ここ数年で山田博司を取り巻く環境は下落してきているな。

それから山田後援会の皆さん、民事訴訟では訴えでた原告(山田博司)が勝訴した場合、損害賠償金と訴訟に要した費用の一部への支払いが敗訴側へ命ぜられますが、請求取り下げによる和解の場合は、裁判に要した費用は、それぞれにて負担となります。我々の山田博司との裁判は「後者」でしたので、一円たりとも支払っておりませんし、我々は本人裁判で臨みましたので弁護士費用もゼロでした。世の中には、死刑執行後も麻原支持がいますから、誰の言うことを信じるかは皆様方の勝手ですけどね。

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください