五島市政「安心・安全」が大好きだから


いつ熊本地震並の大地震が起きるかわからない。耐震対策に五島市政が打ち出した政策が!

五島市役所を建て替えいたします。その概算予算に2,444,000,000円

また、富江・奈留・岐宿・三井楽の各支所庁舎も建て替えいたします。概算予算として1,264,000,000円

大地震に備えての市役所本庁舎、支所庁舎を市民の安心安全を守ることへの建設の必要性を訴えて市議会も了承した事案である。

数年ぶりに台風直撃となり農作物への被害がさっそく出てきている。また台風被害にて旧4町では3日22時現在でも復旧作業は難航しているらしい。

22時半過ぎに富江在住の知人からの電話で停電を知った。正午過ぎから10時間以上に亘る停電。すぐさま、冷凍庫、冷蔵庫の中の商品はどうですか?と聞いてみる。

多分商品には使えないかもと言う。またスーパーや小店でもアイスクリーム等は溶けているだろうな。

このように農作物以外にも台風被害の影響は拡大しているようだ。

市役所本庁舎に各支所庁舎の建設。37億円もの予算、市民の安心安全の為と言うのであれば、災害に強い街づくりへ市の政策を変更なさってはいかがでしょうか?

7月1日に開館した山本二三美術館。山本二三ファミリーは五島市民のおかげで美術館が運営出来るのであり、今回の台風直撃での被害見舞いとして、美術館改修に要した125,000,000円、更に5年間の運営費60,000,000円合わせて185,000,000円を寄付なされてはいかがでしょうか?

五島市は再生可能エネルギーの最先端地域として発信しているようであり、電力に関しては問題など無いように聴き取れたりもするが、果たして市民生活にプラスに働いている、今後働くのだろうか?型ばかりが先行しており、洋上風力発電は事業者と関連する企業だけにメリットがないものになるのではないのかと思ったりもする。

市役所本庁舎建てます。各支所庁舎も建て替えます。新しい図書館も建てるんです。山本二三氏ファミリーへ美術館もこしらえてあげました。本当に市民生活の為に必要なのだろうか?

今回の長時間に亘る停電、さらには暴風雨による農作物への被害。納税者市民は初めて野口市政の姿を身に染みて感じていることであろう。

本当に必要な物事へ税金が使途されていない現実を。

発電量は増えても送電線やられれば再生可能エネルギー推進の五島市島民に意味はない。

市役所へ停電について連絡される市民もいることでしょうが、市民生活での電力は九州電力の業務だから行政は知りません。と言われるのであろう。

2年ほど前だったか?避難所に対しての提言はどうだったのであろう。

気配り、心配りこそ市民サービス

 
なんでも相談室

2 thoughts on “五島市政「安心・安全」が大好きだから”

  1.  「不安と危険、無責任」の五島市です。
     「五島市が今後もエネルギーの島として、再生可能エネルギーの先進地域となり、経済的にも持続可能な発展を遂げていくため、市が策定する 『五島市再生可能エネルギー基本構想』に基づく再生可能エネルギー導入の具体的な取り組みを進め、地域産業の育成及び、雇用創出に寄与することを目的としております」とあります、そこで太陽光発電を推進しているのでしょうか。でも、立派な太陽光設備ができても台風で停電じゃしょうがないですね。元々、太陽光設備などの再生可能エネルギーの設備を製造するには、化石燃料を使う必要があるから、再生可能エネルギーの意味がない。それを推進するお金は、電気料金として我々が負担させられている。利益は島外資本に持っていかれるのだ。
     学校のブロック塀の改修は、文部科学省の補助金が増えるのを待っているんですか。それよりか役場本庁と支所の建て替えを優先的にしないとね。中村法道みたいに、新築の知事室は気持ちがいいからね、市チョー室の新しい机と椅子を使いたいからね。小学一年生も同じように新しいランドセルや机を買ってもらって、喜んでいるよ。

    1. 五島市停電状況
      2018年07月04日07時現在
      岐宿町 川原, 岐宿町 楠原, 岐宿町 松山, 高田町, 富江町 黒瀬, 富江町 田尾, 富江町 岳, 富江町 山下, 富江町 山手, 奈留町 泊, 三井楽町 濱ノ畔, 吉田町

      復旧は本日長崎の見込みとの事です。

      停電世帯、夜通し「防災無線」は迷惑で却下。テレビは薄型に改良されても、電源は必要なのである。電線と一緒に光ケーブルも断絶、ノートパソコン使えても光回線使えません。せっかくの市ホームページでの市からのお知らせ、ガラケー世代のシニア市民、携帯では見れないまるごとう。
      これでもわからない、五島市野口市政。市民生活への安心安全な必要なやるべきこと。
      山本二三美術館開設で安心安全になっていくのは山本二三ファミリーの老後。有名になれば年金と比べ物にならない市民が納めた税金でキックバックの安定した支給が約束される。市民からのボーナスはゴールド免許の更新と同じ「5年」。利点、島に住まわず、用事ある時に税金で往き来。客は来ずとも管理料は約束交わした楽で嬉しい市からのプレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください