やり兼ねない五島市だから、釘を刺す


五島市スポーツ振興課によると、長崎県が昨年の夏からキャンプ地の誘致に向けてモンゴルと交渉し、陸上実業団などのスポーツ合宿が盛んな五島市に着目したと言う。モンゴルの政府関係者2人が陸上競技場や足への負担が少ない走り込みができるゴルフ場、武道館なども視察し、「自然も美しく施設も充実している。有力な候補地の1つで、文化や教育面でも交流する道を開いていきたい」と評価した。市のスポーツ振興課は「市民挙げて受け入れ態勢を整えていきたい」と話していた。

この様に昨年3月に接触があったのだから私は五島市もあり得るな!と考えてしまったのである。それは何か!?

北海道網走市が、五輪合宿誘致。費用は市負担。
NHK北海道 NEWSWEB 07月02日 18時50分

再来年の東京オリンピックに向けて、網走市は2日、韓国の陸上連盟と長距離の選手が網走市で事前合宿を行う際、費用を市が負担するなどとした協定を結びました。

網走市役所で行われた調印式には、韓国の「大韓陸上連盟」のキム・ボクジュ専務理事と網走市の水谷洋一市長らが出席し、東京オリンピックに向けた協定書を取り交わしました。
協定では、韓国の陸上チームに所属する長距離の選手が網走市で事前合宿を行う際、宿泊先の手配を網走市が行うとともに、費用を市が負担するとしています。
合宿の期間中、選手たちは市内で開かれる行事に参加し、市民との交流を深めるということです。
キム専務理事は、「7月と8月は日本も韓国も暑くてトレーニングをするには厳しいですが、網走は涼しい気候で向いていると思います」と話していました。
東京オリンピック・パラリンピックに向けて、網走市はオーストラリアとも7人制ラグビーと車いすの陸上競技について事前合宿の誘致を進めています。

五島市もやりかねない誘致戦略。
何をしでかすかわからない五島市行政。こんなことは許されないのである。
ベトナム人日本語学校も市民全てには説明する必要はない考えで、密かに進んでいる。予算の範囲内だから学校を新しく建設する。そして留学生には税金で奨学金を面倒看る。だからこそ、網走市みたいにオリンピック合宿誘致へ税金補助!も考えられるのだ。

市民の皆さん、安心安全な街づくりとかなんかの言葉に騙されないでもらいたい、早く気づいて下さい。市民が安心して生活できる市の環境創りではないことを。

 
なんでも相談室

6 thoughts on “やり兼ねない五島市だから、釘を刺す”

  1. そんなにモンゴル人を誘致する必要があるならば、先ず、お前のカネをモンゴルに寄付してから、皆の税金を使え。 より:

     モンゴル人が。五島に来るという理由は、五島市が補助金を大盤振る舞いするからだろう。わざわざ、不便な離島に来る訳はない。それとも、ベトナム人のほかに、モンゴル留学生を受け入るような約束でもしたのかな。
     安倍に似ているね、外国訪問に行くたび、自分のカネのように訪問国にカネに配っている。そんなにモンゴル人を誘致する必要があるならば、先ず、お前のカネをモンゴルに寄付してから、皆の税金を使え。

  2.  「恥を知れ!東京医科大学」の生徒が怒った。当然でしょう、文部科学省の局チョーがズルをしたのだ。二三館は、見返り誰が、誰が貰ったの?

    1. 前教育長の清水家にはお中元、お歳暮が!底上げされているかは存じあげませんが。本事業に対して収賄罪の臭いがするのは私だけですかね。任期1年残して途中辞任されたのも引っかかります。辞任時にはプロポーザルの落札者は決定されておりましたから。

  3.  二三館ことジブリグッズ販売所の見返りは、本3冊と10万円、五島市がもらいました。

    1. まさしくの事情であります。また図書館は二三が寄贈した本3冊は知らずに、買い求めております。

  4. 丸田さん
    やり兼ねない=必ずやる!が五島市役所。
    丸田さんが一番わかっているはずです。

    しかし、ノーリスクでゲットした二三。
    いつまで持つか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください