センスに惹かれるの巻(ごとう農協絡み)


五島市の高校生の頑張りが目立った高校総体であった。
特に五島高校陸上部、県のインターハイ予選、そして大分で行われた北九州ブロックインターハイ予選。

娘は補欠参加で大きな先輩達の頑張る姿を応援。
五島からだって
やれば
掴める
全国舞台!

偉大な先輩達に、素晴らしき指導者。
間近で応援出来ただけでも収穫ですね。
素晴らしい選手たちの中で経験すれば、必ず結果はついてくる。
厳しく優しく素晴らしき指導者。必ず結果を残させる。
これが上に立つという意味で必要なのではないのか?と私は思う。
そして、厳しい環境下であろうが、私は絶対に口は挟まない。
なぜなら指導者・部員の皆様方を信頼持てる環境だから。

こんな話題で五島がうまい!の安田部長と会話した今日の施設訪問であった。
部長と私の共通点が「陸上競技」。私は陸上競技経験は無かったが二つ下の弟が陸上競技にてインターハイ経験。専ら私の得意種目は逃げ足の速さではずば抜けていると自負する。
ところで何の用件で視察したかといえば、

素晴らしい選手たちの中で経験すれば、必ず結果はついてくる。
厳しく優しく素晴らしき指導者。必ず結果を残させる。
これが上に立つという意味で必要な者なんではないのか?と私は思う。
そして、厳しい環境下であろうが、私は口は挟まない。
なぜなら指導者・部員の皆様方が信頼持てる環境だから。

この内容は今のごとう農協には無縁である。
信頼の持てない組織、意見さえ言えない怖い組織。
売り場は女性部 馬場嵜部長の為にある。
そこのけそこのけ私の野菜を置く場所だ!

本日の出荷状況(ごとう農協馬場嵜理事)を書いた日に、私は安田部長へ提言していた。
農協の理事者たるもの、生産者組合員の所得向上に向けて少しでも場所を開放すべきである。大手スーパーと農協直売所。部長兼理事の馬場嵜奈津子氏は皆の手本とならねばいけないのだ。

五島高校の指導者、上級生は下級生に指導するのである。成績が伸びるように伝授するのだ。
そんな姿は遠目にみても美しいのである。
これらに共通する皆が持っているもの、センスの良さなのだろう。
一方、完成した家を拝見したが、はっきり言わせてもらおう。
このセンスの無さ。
人柄・性格・能力。
形となってそびえ建つ。玄関ドア、サッシ窓。和洋折衷も一つ間違えれば何とやら。
センスなければ魅力なし。これがごとう農協のトップなのである。家の失敗は色の塗りなおし、屋根瓦の遣り替え、サッシの付け直しなど修復は可能であるが、組織全体への失策は取り返しするのには長い年月を要すのである。その為には執行部、理事者が責任をとり、組織改革にて修復させるのが一般的な企業改革なのである。痛い目を負うのが末端の組合員なのである。
良い選手が集まったとしても、指導者・先輩方が悪けりゃ、成績はついてこない。
素晴らしい農産物が納めあっれたとしても、腐らかせば売り物にはならない。廃棄処分にも金はかかる。結果としてごとう農協の生鮮野菜・高菜・お茶部門は赤字が膨らんでいく。
執行部、総代、理事者がこの結果を作り出しているのです。

安田部長から、馬場嵜理事には私の提言が伝えられたそうである。
そして馬場嵜理事は部長へ「エレナ納品よりJAごとう直売所へ多く納める」と返事されたそうである。
安田部長の話は信じるとしても、果たして馬場嵜理事を信じて良いものだろうか?
結果は生産者組合員の皆さが判断する。

そしてしつこい丸田が徹底的に現場確認を行って調査報告を続けていく。女性部会にはハッタリ効果が効くのだろうが、変人丸田には効き目無しだから。

 
なんでも相談室

8 thoughts on “センスに惹かれるの巻(ごとう農協絡み)”

  1.  五島高校陸上部おめでとうございます。私たちの時代と違って、今の五島高校は素晴らしいですね。まさしく文武両道です。このようないい伝統は、続いてもらいたいですね。
     伝統や信頼は一度失うと、時間をかけて、相当努力しないと回復できないですから。
     ところで、組合長はいい家をお建てになりましたね。家が立派になって、そこに住む人が立派なら申し分のないことです。遅くないですから、正々堂々と丸田氏と話し合って土地問題の早期を図られるよう望みます。

  2. 建物更生共済 むてきプラスにはご加入済みですか? まだ未加入でしたら私の成績にしてくれませんか。

  3.  サッシと玄関の白は、後で色付けるんでしょうか? せっかくですから、「野菜は、五島がうまい」、「貯金はJA」、「保険は、建更」と、標語を入れたらいいですよ。

    1. 後塗りタイプのサッシだったんですね! まさかごとう農協の抵当権が設定されていたりしていないだろうか?と心配いたします。他界された場合は借金はチャラ。退職金に手は付けず、再来年の退職金もゲットだぜ! 退任後の老後生活は何かと現金ないと不安ですからね。

  4. 標語の続き、「ジュースなら、うんもなかリンアイジュース」、「恥を知らねば、理事になれ」、「金に困ったら、香典盗め」、「弁護士任せて、『仕事した』」、「困ったら、『チッヒ!帰れ』」、「広い風呂で練習した挨拶は、『引っかかり、もっかかり』」、「大きな家、チャンココ打つとこ、なし」、「新築はカネ足りず、色つけず」、「カネ後惜しくて、入札せず」、「尻隠して『五福』隠さず」、「損は出しても、懐痛まず」、「理事も歩けば『丸田』にあたる」、「ゼンは預り、加入は拒否」、「仕事せんでも老後は安泰」、「交際費で、肝硬変」・・・キリがない。

  5.  再・標語の続き。「ゼニにならない舅姑の世話より、銭になる他人のヘルパー」、「畑より、化粧とおしゃべり」、「あの顔と口は、災いの元」、「喜びは人の集まる所、葬式も結婚式も好き」、「貰うのはもっと好き、人も恨みさえ」…こんなんじゃ、治らない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください