「往復フェリー、余裕で傍聴」出来るから②


長崎県庁舎が新しくなったと同時に、県議会傍聴規定も変わったのか!?
昨日、山田ひろし事務所が県議会一般質問傍聴へ参加(する・しない)かのお尋ねをして回られているようだったので、アンケートに協力したつもりでFAX送信していたのだ。→「往復フェリー、余裕で傍聴」出来るから

五島市役所にて監査請求への陳述に行っていた最中に事務所へ訪問されたらしく(当方留守番電話にしておらずFAXが不通だったため)戻ってきたらドアに挟まっていた一枚の紙。

【ご案内していない方の出席はご遠慮くださる様お願いします。】と送信した用紙に手書きされているではないか!

山田ひろし事務所へ電話して確認したのだ。
「山田ひろし議員から議会傍聴への許可がいつからいるようになったのか?」
「長崎県議会事務局へ確認してみるよ」

吉原事務員【県議からそのように伝えるように言われたものでして】
吉原事務員は本年2月、長崎市から配置された事務員兼運転手のようであり、菊谷運転手は家業を手伝うとのことで事務所を辞められていたそうだ。巷では、菊谷元運転手は市議会議員を目指している?親が願っている?と菊谷家に近い人物から聞いた事もあったな。まあ、どうでもいい話であるのだが。

吉原事務員が言うもので、私は取りあえず新しくなった長崎県庁、議会事務局へ傍聴規則が変わったのか電話してみた。
095-864-3622
担当職員曰く、傍聴規則は変わっていませんし、議員からの承諾なくても傍聴はできます。議員からの承諾が得られていないからとして傍聴できないなどの決まりはございません。
新しい議会傍聴席は、300席ございます。万一満席になった場合は、事務局で椅子の準備も行います。
どうぞ気軽に傍聴にお越しください。

山田事務所の吉原さん、議会傍聴は自由であり、議員の承諾等はいらないのですよ!
勉強になりましたね。
また、江頭真美秘書が自由民権会議長崎事務局(県庁5階)に居ることも教えて下さりありがとう。

因みに私が山田ひろしの立場だったならば、「承知しました!ご参加お待ちしております」って答えていたよ。

さて明日は長崎だから、今日のうちに業務を片付けておこう。

また、今現在は民進党に所属しており、民進党長崎県五島市支部の代表であられる山田博司、長崎県連は来月1日に国民民主党の地方組織への移行が決定されているが、どうされるの?

政党の支部でなきゃ、特異(得意)な企業献金は集められないからね。

 
なんでも相談室

2 thoughts on “「往復フェリー、余裕で傍聴」出来るから②”

  1.  裁判所も、議会も規則に従って自由に傍聴できます。案内があって行くところではありません。ただし定員がありますから、希望者が、全員傍聴できるとは限りません。議会の傍聴を事前に取りまとめて、県議の議会活動を宣伝しているのか、自分を支持するかどうか確かめる「踏み絵」にしているのかわかりません。近頃「潜伏キリシタン」が流行っているので、「踏み絵」が似合う。

    1. 自分を支持するかどうか確かめる「踏み絵」だと思います!私は不支持だとわかっているから傍聴ご遠慮願いを送り返したのでしょうね。私を相手にしなけりゃ良いんです。利口じゃない証拠ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください