何も知らない市役所職員の為に


何でもTOPの話を聞いてりゃいいってものではないお話です。

そして、なぜ協力して地域、島の応援、サポートをしないのですか!ごとう農協さん。

そして、現市長の野口市長は、なぜ吉野家さんがドラッグストアストアー「マツキヨ」の駐車場で販売営業しているのか理由を知っているのだろうか? 誰かに尋ねたことはあったのだろうか!


市役所ホームページで紹介されていますが。「バラモンキングレース当日、フィニッシュ会場に屋台村が出現

市ホームページ内容によれば、

バラモンキングフィニッシュ会場に屋台村が出現。選手を応援しながら食を楽しもう。
ゴールゲート付近に座って応援できる場所があります。
会場で配られるスティックバルーンを持って、みんなで選手を応援しよう。
どなたでも入場できますので、お誘いあわせのうえご来場ください。

出店者 メニュー
「ばらもん亭」五島うどん
「明宝園」おでん、ビール、お茶
「みいらく万葉村」五島うどんコロッケ
「ウミノ」 かき氷
「五島くんせい工房」くんせいホットドッグ、燻製パック、ドリンク
「ももちゃん」お好み焼き、おにぎり、からあげ、缶ビールなど
「居酒屋 松雪」焼き鳥
「中本製麺」五島手延べうどん

確実に毎年寂しくなっていっております。そう思うのは私だけか?! 以前はバリューの出店もあったし、市議会議員の野口さんが関係する鬼岳四季の里さんもいたよな。

五島市役所の皆さま、逃した獲物は大きかった、「あの時」、、、もう遅いのである。ゴール会場屋台村へ出店しなくても商売繁盛してますから。

ケツの穴が小さ過ぎる五島市役所幹部←これを読めば五島市の失策が分かるのである。

今更、吉野家さんへ声掛けても協賛金出してまで移動して営業しませんよ! だって屋台村でなくても用意してきた全てが完売するんですからね!あれから6年、五島市のイベントではおなじみになりましたね「吉野家号」。当時市長から叱られた前課長は今やトライアスロン協会の理事長ですからね。私はっきりと断言いたします、若手が協会本部に入って、大会スタッフ(ボランティアスタッフではダメ)として考え良いものは残して、改善を要すものは徹底して協議しあわないと5年先はどうなっている?の実体であります。全ての市役所職員が総動員?ではありません。地区町内会にも限界はあり、まして町内会は高齢化が進む。

「先方に断ってください。牛同士でJA五島様に迷惑をかける」

30万円のスポンサー料も協力し、離島地区の子供からご老人に、TVCMでしか知らない吉野野の牛丼を届けに行こう、そしていくらかでもイベントそのものを盛り上げる客寄せパンダ役をかって出ようと言う企業理念にノーを叩きつけた五島市。

あーあ、その当時、吉野家さんの好意を素直に喜んで受け入れていたら良かったのにね!

大会への文句に聞こえるでしょうが、私は今年の大会からマーシャル(審判員)として協力させていただきます。問題の当時の課長は、山本二三美術館担当課長じゃないですか!

 
なんでも相談室

3 thoughts on “何も知らない市役所職員の為に”

  1. 丸田さん、バラモンキングのオフィシャルとしての参加、御苦労様です。変人+暇人+浪人の丸田さんだから出来るんでしょうね。陰で言うだけなら誰でも出来る(腐った島民)、積極的参加が重要なんです。
    変人と呼ばれる丸田さん、開催前の幟とか…積極的に参加。
    五島市議会議員の先生方は数ヶ月に一回のお遊戯会以下の本会議、委員会で重要案件をサラッとスルー。市民生活に重要な案件は突っ込んで議論しない。夏はうどんにスイカを配る先生方、御苦労様です。
    宮古島のトライアスロン大会も優秀な職員と五島市議会の先生方も視察された事があるでしょう!修学旅行以下の収穫だったでしょうね。各地のトライアスロン大会を見れば主催者、スポンサー、協賛企業、ボランティアさんの健闘、努力、地域住民の多大なる協力が滲み出ています。勿論、参加している選手も大会の為に練習、機材、体調、目に見えない努力もしています。
    バラモンキングはどうでしょうか?
    スポンサー、協賛企業、ボランティアが先細りしてはないでしょうか?
    五島市以外からの選手が来島し参加されます。イベントを成功させるには参加選手の8割は必要とされるオフィシャル、ボランティアスタッフは充分でしょうか? 距離の長いアイアンマンディスタンスは開催が大変です。主催者は大会を成功させ、今後も継続させる為に現状に満足せずに、頑張って欲しいです。
    選手の皆さんが無事にゴール出来る事を祈ってます。

    1. いつも的確なご意見をありがとうございます。
      発展させたいから口を突っ込む。盛り上げたいから自分にやれることでサポートする。
      マンネリ化は疲弊への近道。ゴール観ての感動はいつまで続いているのでしょうか?
      アイアンマンジャパン大会の五島誘致。一生懸命に動いた方達がいたから今がある。先人の頑張りに敬っておられますか? 若手を受け入れて育てていかなければ自然と廃れていくのです。

  2.  大阪の地震の教訓を生かして、ブロック塀の補強をしないといけない。福中のブロック塀は、建築法違反である。高すぎる、控え壁もない。危険なのです。鉄筋が入っているかも点検すべき、鉄筋が入っていても、塩害の影響がある五島では、予想以上に老朽化が進んでいるはずだ。庁舎建て替えより先にやれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください