受理されました


受理されました! 心配なさらなくても扇山さんも山田博司氏も大丈夫。
五島市への住民監査請求が受理されたお知らせです。

五島市の20名の市議会議員さんたちが問題にも取り上げてくれないから
私(丸田)は市民の立場で市政へ指摘するのです。
私には世界遺産決定へ向けての進捗状況など気にならないし、市民生活に直結しない問題であるからして触れないのである。

これまで五島食肉センター事業、福江小学校工事遅延問題、大波止ホテル解体事業問題、ごみ焼却場建設事業での地域住民との問題、そして野々切町牛舎補助事業破綻問題とこれまで全て住民監査請求という手段で戦ってきた。
結果は市役所の身内が監査委員であるからして常に「却下」という結果ではあるが、諦めたらそこで終わる。執念深ければ相手は落ちざるを得ない!を政治信条に行動し続けているのである。
今回の問題も20名の利口な議員らは、問題とは思わないのだろう。
身近らの保身しか考えない議員の力を借りてまで、五島市の問題を解決しようとは私は思わない。


平成30年5月21日付けで提出した五島市職員措置請求書については、次の通り補正します。

補正事項
1 請求の対象について
(1)補正内容
 ご指摘の3ページ5行目から文末までを次のように補正致します。
「監査委員は五島市長に対し、五島市野々切町1260番地1(土地)への平成16年度から平成29年度の14年間に亘る、五島市行政関連部署の連携不足で発生していた課税し徴収すべきであった固定資産税858,200円が納税されていなかったことは市財政に損害を生じさせているのである。よって前所有者の山口氏より徴収又は、財産差し押さえ等による徴収ができない場合、市長の責任において市長自らが市に徴収不足分の納税額を支払う事を請求する。

(2)補正内容
上記の補正に伴い、1ページ3行目以下を次のように補正致します。
「五島市野々切町1260番地1(土地)に対しての徴収すべき固定資産税の不足分を直ちに請求し納税させることを求める措置請求。」

上記のとおり平成30年5月21日付けで提出した五島市職員措置請求書について、本日監査委員より請求受理決定が通知されました。

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください