新上五島から対馬へ、次は⭕️⭕️⭕️か!?


長崎の離島選出の県議会議員が、議会出席のため自分でマンションを借りて宿泊すると申告し費用を支給されながら、実際はマンションの家賃に政党支部の資金を充てていたことがわかり、議員は5年間に受け取ったおよそ400万円を議会に返還することになりました。長崎県議会では、先月も別の議員の不適切な宿泊費の受け取りが明らかになったばかりです。

費用を返還することになったのは長崎県議会の坂本智徳議員(64)です。

坂本議員は離島の対馬選挙区の選出で、議会に出席するため長崎市内に自分でマンションを借りて宿泊すると議会事務局に申告し、宿泊費を受け取っていました。

この宿泊費は長崎県の条例で定められたもので、離島などの遠方に住む議員が議会出席のために近くにマンションなどを借りて宿泊した場合、個人で費用を負担していることを考慮して「費用弁償」として1泊当たり1万円が支給されます。

しかし、坂本議員の場合、実際にはマンションの家賃に議員本人が代表を務める自民党の支部の資金を充てていたことがわかりました。

自由民主党長崎県対馬市第一支部(代表 坂本智徳、28年度収支報告書)事務所費に1,023,432円計上されているから、この中から支出されていたってことか!しかしNHK記者はいい仕事されていますね。丸田談

議会事務局によりますと、政党支部での支払いは議員本人の費用負担とは認められず、宿泊費の支給対象にならないということです。

NHKの取材に対し、坂本議員は「政党支部と個人の区別がついていない部分があった。勉強不足で認識が甘かったということに尽きる」と話し、5年間に受け取った宿泊費およそ400万円を議会に返還するということです。

長崎県議会では、先月も、別の離島選出の議員が事実と異なる宿泊届を出して「費用弁償」として160万円余りを不適切に受け取っていたことが明らかになったばかりです。


南松浦郡選出の新上五島町から、対馬市選出の議員が指摘され返済する羽目に。離島選出となれば、私(丸田)の大好きな山田博司議員は大丈夫なのか!近藤智昭議員、坂本智徳議員共に「自由民主党」壱岐の山本議員は数年前に返納した話を聞いた事があった。記事にまで取り上げられた2人の自民党議員さんらは、会派「自由民権会議長崎(独り会派)」の議員も調査してもらいたいと願っているはず。

五島市木場町257-3、坂口ビルの他に民進党長崎県五島市支部の事務所ってあるのかな?

あれ、いつから江頭真美チャンが会計責任者で事務担当に抜擢されていたんだ? 長崎では「秘書兼⭕人」、五島では会計責任者で事務担当。体は3つくらいあるんだろうな。

私は山田ひろし事務所の担当ではないが、政党支部の収支一覧つくって密かに調査は続けていたのである。NHK記者さんへメール添付しようかな。

2,689,732円、毎月224,144円の計算になるな。坂口ビルの所有者さんに聞いてみるか^_^って、私はビルのオーナーさん知らないしな。

23年度  1,464,482円

24年度  1,669,620円

25年度  1,250,251円

26年度  1,137,687円

27年度  3,158,712円

28年度  2,689,732円

しかし毎年事務所費支払金額が違う民進党長崎県五島市支部(代表 山田博司)なのである。

 
なんでも相談室

3 thoughts on “新上五島から対馬へ、次は⭕️⭕️⭕️か!?”

    1. 全てが可笑しい山田ひろし事務所ですから!江頭真美さん、民進党長崎県五島市支部の事務所にはいないですよ。事務担当に会計責任者だって言うから笑えます

  1. 性事活動と性夢活動は別腹か?
    しかし、◯人と呼ばれる人間を事務員、会計責任者にして公私混同でkhaosだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.