山田博司県議はしっかり者だから!


五島市選出で独りぼっち会派の山田博司県議会議員は大丈夫だよ!
だって「お金」のことに関しては意地汚いくらいしっかり者だからね。


長崎県議 宿泊費など不適切請求 160万円余を返還

長崎県の離島選出の県議会議員が、議会に出席する際は近くに借りたマンションから通うと申告して費用を支給されながら、実際は長崎市近郊の持ち家からマイカーで通っていたことがわかりました。議員はNHKの指摘を受け、1年余りにわたって支給された費用160万円余りを議会に返還しました。

費用を返還したのは、長崎県議会の近藤智昭議員(61)です。近藤議員は、離島の南松浦郡選挙区の選出で、県議会への出席にかかる交通費や宿泊費を請求する際、離島の新上五島町から通い、長崎市内に借りているマンションに宿泊すると議会事務局に申告していました。

県の条例では、離島などの遠方に住む議員が議会出席のために近くのマンションなどを借りて宿泊した場合、「費用弁償」として1泊当たり1万円の宿泊費が支給されます。

しかし、実際には、近藤議員はマンションにほとんど宿泊せず、長崎市近郊の時津町に所有する住宅からマイカーで議会に通っていたことがNHKの取材でわかりました。

近藤議員は、NHKの指摘に対して不適切な請求だったことを認め、去年1月までの1年3か月にわたって支給された宿泊費と交通費合わせて160万円余りを議会に返還しました。

取材に対して近藤議員は「ルールをよく理解しておらず、認識が甘かった。県民に対して大変申し訳なく思っている」と話しています。


取材に対して近藤議員は「ルールをよく理解しておらず、認識が甘かった。県民に対して大変申し訳なく思っている」と話しているが、私(丸田)だって理解できる県の条例。近藤議員は私立青雲学園で教鞭を執られていた優秀な方だっただけに、県の条例は理解できてたでしょうに!

下記画像は長崎県議会議員 山田博司氏のご家族が居住しているとされる賃貸マンションである。しかし議会開期中に本人が奥様とお住まいになっているのか、又は美人秘書宅を利用しているのか俺は知らない。まぁ、県の条例では、離島などの遠方に住む議員が議会出席のために近くのマンションなどを借りて宿泊した場合、「費用弁償」として1泊当たり1万円の宿泊費が支給されるってことだから近藤議員とは意味が違うけど・・・。しかし、山田博司は今年の1月16日の裁判でこう述べたのだ。「福江市長選挙で暴力団からの嫌がらせを怖がった奥さんは長崎市に住まわせた。」そうです、山田博司の家族は、立派な長崎市民であり、本人は五島市大荒町に住民票を置いているだけだ。水道使用料金に電気使用料金、更にはプロパンガス使用料金を調査すればひと月にどの程度生活しているかわかるのである。

 

 
なんでも相談室

2 thoughts on “山田博司県議はしっかり者だから!”

  1.  青雲高校の元教員と言っても日体大出身の体育教員だったのか。こんなことが違反であることが分からなくて、よく県議がつとまるね。きっと頭も体育系だっただろうね。浜の浦という上五島の出身らしいが、五島出身の県議はいろいろ目立つね。国会議員も般若心経だから、五島人として恥ずかしいね。

    1. 自民党のもう一人のお偉い先生の加藤寛治衆院議員。長崎へのお国入りにて自民党会派の「ごう議員」を叱責なさったとか。
      まるで日大アメフト部の元監督さんみたいに刃向かうもの、意見するものは叩き潰すのでしょうか。自由民主党。党名に反する権力至上主義。セクハラの次はパワハラでしたか!
      この方も、JAの組合長経験者でしたね。どこのJA組合長も何かが足りなくてもなれる役職なのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください