題名「山内地区の小島利幸」(ごとう農協関連)


突然の無記名での「はがき」差し上げ投稿、誠に申し訳ございません。
って前置きされたら記事にて書かないわけにはいかないか(-_-;)

前略
突然の無記名での「はがき」差し上げ投稿、誠に申し訳ございません。
ごとう農協の「恥さらしもいいとこだ。」のブログを拝見しました。
丸田様が正義感に燃え、正々堂々と戦っている姿を陰ながら賞賛している一人であります。
ごとう脳狂の封書による、今回の意見指摘に共感するとともに、山内地区の「小島利幸」バカ理事の発言にはがっかりしています。

高菜の裁判は、「農協は、福岡高裁への控訴もしないで、完敗負けなのに」負け犬の遠吠えを「よく理解できました」との理事会での発言、低能丸出し、ほんとに小島は「バカ」理事だね。
丸田様の挑戦、陰ながら期待し応援している一人であります。      草々
現在の農協を心配している職員より


ここ数日のテレビマスコミ、テレビニュースをご覧になられ、おそらく五島市民も苛立ちを覚えたことでしょう。また、嘘でごまかす。人より自分が第一!!
ほんとこれが日本男児なのか!?
武士の魂・・・。
日本もここまで廃れきってしまったのか。
なおさら小国の五島市。
市民の皆さん、ワイドショーやニュース見て講釈垂れるのであれば、五島市の問題、農協の問題に集中してください。
五島市民が、国会の森友・加計問題を考えても変化は起こりません。
五島市民が、日大アメフト問題を考えても変化は起こりません。
五島市民が、五島市行政問題に興味を持てば変化します。
五島市の農協組合員・職員が、ごとう農協問題を真剣に意見しあえば変化します。

明治維新150周年の今日(こんにち)、世の中を変えんとこの国の未来はない!として奮起した維新の志士(※)たち。
志士(しし)は、一般に日本の江戸時代後期の幕末において活動した在野の人物(在野(ざいや)は、一般的に公職に就かず民間で活動する人物や団体)を指す歴史用語。

いつの時代、どの組織にも「漸進的で穏健な社会変革を目指す改革派」は必要なのである。

追伸、農協幹部が野々切町にある補助事業で建てられた牛舎施設に関して逃げまわらずに話合いの場をつくり、昨年10月から現在に至るまでの無断での土地利用料を支払い、補助事業を中止し補助金返還後の土地の明渡しをきちんとしていただければ、私は農協への1000万の預金を引き上げ、農協に関しての関わりを終えたいのである。しかし、ずっと逃げ回るのであれば、ハガキ、封書が届くたびに私は公開する協力をし続けていく。
日大アメフト部の対応、事が起きてからすぐに謝罪・話し合いの場を自らが常識に沿って、そして真実を公開していればここまで社会問題には発展していなかったのです。
橋詰組合長・家永常務・田口常務も腐れ切った日大内田前監督・日大常務理事と変わらない卑怯な大人なのである。丸田との土地の問題一つ解決できずして、五島農業の発展はやり遂げれないでしょう。

 
なんでも相談室

4 thoughts on “題名「山内地区の小島利幸」(ごとう農協関連)”

  1. 理事の小島さん、名指しで書かれたからとして丸田さんを恨んじゃいけません。恨むのであれば貴方が支持する組合長、常務達を恨みなさい。そして理事でありながら農協が抱える丸田さんの落札した土地問題をきちんとしてあげなさい。裁判傍聴にいかずして弁護士からの説明で理解できる頭脳があるのですから、丸田さんが書いている野々切町土地への問題、さらには、音声を聞けば農協が丸田さんに失礼していることは理解できるでしょう。
    言っちゃなんですが、組合長や常務が小島理事のためだけにどうにかしてくれたりしません。出来ないのですからね。
    丸田さんへ、毎日アンケート集計の公開ありがとうございます。この際、理事者全てと監事の不人気投票も作っていただけませんか。

    1. コメントでの援護射撃ありがとうございます。結局は橋詰派で間抜けな発言とかしたら笑いのネタで私宛に情報提供されるんですよね。
      理事者と監事の不人気投票は暫し考えさせて下さいませ。
      農協以外に、山田兄妹を提訴中であり私自身一つの悪い頭で考えないといけないものでしてm(._.)m
      あっ、山内地区選出の小島理事さん、晴れてあなたも有名人仲間入りって考えれば気楽ですよ。経験者の私が言うから本当です。
      ヤフー検索で「五島市」と入力、候補一覧に五島市小島とは一生ピックアップされませんよ。

  2.  薩摩士族の血を引く丸田氏の行動は、敬服します。地域の特性、国の特性は、良かれ悪しかれあります。これは地域(部落)差別や民族差別ではありません。そこの特性です。例えば「きゃま地区」には「長幼の序」の概念がなく、方言に敬語がないと聞いたことがあります。だから皆、ため口なのです。よく言えば、アメリカ人と同じように、「長幼の序」という儒教思想に染まっていません。それが、そこの文化のなのです。
     朝鮮人と日本人は似ていますが、感情を表に出すか、出さないか大きな違いがあります。大きな事故で身内が亡くなっても、日本人は感情を抑えて、笑みを浮かべて対応します。朝鮮人は感情をあらわに表現します。どちらが、いいのか一概には言えませんが、大きな違いがあることは事実です。
     五島地区でも、集落で、住民の性格に大きな違いがあります。「長幼の序」のない地区、利己的性格の多い地区など個性があります。県民の性格も個性がありますから当然地域もそうでしょう。まさか、法人にも個性があるのではないでしょうね。
     

    1. 五島市というところのお役所では係長以上の職員には上から目線で市民を見下す傾向が見受けられますね。特にご主人が課長、奥様が係長の職員は自分達を見つめなおしだほうがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください