納骨終えても人のご縁


忌明けを告げる法要が49日法要であるということは知られています。

しかし35日法要も同じ意味でおこなわれることがあるそうです。月日の経過は早いものでして三井楽地区に後援会支部を作ってくださり沢山の方々に私の事を広めてくださった故人の35日法要、納骨が昨日であったことは火葬場で耳にしていた。

今朝の夢で故人とお会いできお話もできました。お亡くなりになられる3日前に長崎市での検査から戻ってこられ、お迎えにいきお昼をご馳走になりました。

私を食事に連れて行ってくれると必ず「私に遠慮はダメぞ。さあ、やんなはれ」と笑顔で話してくれていました。

午後からお墓参りに行ってきたいとおもいます。

次はなんとしても勝たせてやらんば! 男の最期の仕事だ!と、来所のたんびに励ましてくれていました。

私の心の中にはいつも故人の魂がいてくれている。

くよくよするのはもうやめよう。

こんなデタラメな丸田に惚れてくれたじっちゃんのためにも、私の志をやめてはいけないな。

ご冥福をお祈り致します。合掌

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.