農協職員からの一通の封書(非親告罪)


横領罪は非親告罪ですから、第三者からの告発でも公訴提起できます。

冒頭にて「横領罪」について説明させていただきましたが、届けられた一通の封書について公開するか否か悩みながら検討いたしました。文中に書かれている一部分に私の心情も共感しており、現在のごとう農協のあり方に疑問を抱き組織の正常化を願う一人として掲載に踏み切ります。本日の牛の競り市初日を祝し、また16日の農協理事会前に敢えて公開させていただきます。また、告発状提出の記事が公開されたとして証拠隠滅さえできぬ。新聞、テレビニュースにて拡散された事実であり、被告発人は出頭するか逃亡するか二つに一つです。
ネット公開により毎日市民への拡散は広まっております。
該当者におかれましては、賢いご判断を願うところであります。

以下、封書の手紙の内容です。
※同封された告発状のコピー画像は、私が作成しての告発人であれば全てを公開いたしますが、告発人からは掲載公開をお願いされてはいるものの、あくまで代理人弁護士を立てられての告発状提出であるので被告発人氏名以外は「ぼかし処理」しての公開とさせて頂きます。ご理解願います。

   

『いつも市政に対する指摘や問題提起、さらにはごとう農協に関しての調査や問題指摘など大変なお役目に敬服致します。

私も丸田さん同様にご逝去されました川中偉信様に面倒をみていただいた農協職員の一人です。川中様の死去に対しての農協執行部の発言を私も小耳に挟みました。そして農協職員からのあの文面にて執行部への怒りは爆発しました。

川中様は五島の畜産業、タバコ、麦生産では常に五島市のトップクラスであり、病気を患っても頑張っておられました。

温厚な上に人を大事にされる方でもありました。丸田さんを心から応援されていることも存じ上げておりますし、川中様自身の若い頃と丸田さんの行動力がダブって見えていたのかもしれませんね。

そんな素晴らしい川中様に対して死人に口無しではありませんが、家永常務を筆頭に故人への悪口。私も許せません。私に出来ることは農協葬祭場でおこった着服金問題。上層部だけで解雇という処分を決め、理事会での説明もなく隠蔽する体質。この問題をきちんとけりをつけさせねばならないと思いまして知人の紹介のもと長崎市内の弁護士先生のお力を拝借して告発状を提出しました。

告発状のコピーを同封いたしますので丸田さんのブログにてご紹介頂けたらと思います。

大変申し訳ないのですが、代理人弁護士と告発人の私の名前、住所は黒塗りさせて下さい。

丸田さんのブログや街なかでの演説がどれだけ重圧のかかる大変な活動であるのか、本封書を送らせていただくことで身分をあからさまにする大変さがわかりました。名前は伏せさせていただくご無礼をお許しください。

丸田さんがよく使われていることば、覚悟という言葉の重みがわかります。丸田さんの正義感に敬意を払って提出した告発状のコピーを情報提供したいと思います。ご自由にお使いください。なお告発状の提出先は長崎地方検察庁へ提出しております。』


長崎地方検察庁への告発状提出。ここまで行動を起こされれば農協の組合長であろうが常務であろうとも「力」は無力に等しいのです。家永常務は川中偉信様ご逝去に「バチがあたった」とにやけて言い回ったそうですが、果たしてそうでしょうか? あなた方のやりたい放題の体質が関係者からの告発状提出となったのではないのでしょうか。元社員の親御さんには「解雇」「返済」で刑事告訴はしないから安心してくれと良い人ぶったのでしょうが。

告発状提出された扇山氏に残された手段は「出頭」のみとなったと思います。葬儀費用を着服して自転車操業していたバチがあたったのです。

すでにお金は返したとのことではあるが、返す返さないは民事の問題です。刑事事件としての扱いは終わっていません。おそらく民事と刑事の概念的区別ができないから「若いし将来がある」などと筋が通らない話をされたのでしょうが…。

単に着服をした事実があれば横領罪は成立します。

お金を返しているという点で、それなりに反省はしているという判断(「情状酌量」という)がされ、多少は刑が軽減される可能性はあります。

いちおう、業務上横領の刑罰はMAX10年の懲役です。

ごとう農協家永常務は私に「こんなこと(農協への文句)を続けていたら次の選挙も落選するとたい」と言われましたが。良いんです。何をするにでも敵は増えます。そして少なからず支援者も増えるんです。
私は私の道を進みます。私は自らの損得のためだけに行動しているのではない。


受理してもらうために
告訴状や告発状を受理してもらうための方法・工夫としては、以下のようなものがあります。

警察署への事前相談を活用する
事前相談をすることで、告訴するために必要な問題点、収集すべき証拠など、告訴のために準備すべき項目の目安が分かり、スムーズな受理に繋げることが出来ます。

複数の被害者がいる場合には、出来る限り一緒に行う
犯罪や被害の規模が大きい方が、より公益性が高く、受理され易くなります。

示談が不可能であることを伝える
民事的な解決の余地があると思われると、刑事事件としての取扱いに消極的になります。
示談などの民事的な解決が不可能で、途中で取下げになる可能性が少ないと判断されると、受理され易くなります。

相談や告訴状提出時の会話を全て録音する
どうしても受理してもらえない場合、不受理された際の一連の会話録音しておくと、警察署長や監察、検察への「不受理」の証拠資料として提出することで、受理してもらいやすくなり、また、受理させるための「切り札」になります。

マスコミなどへのプレスリリースを行う
社会的な注目や影響が大きいことも、受理するための大きな判断材料となります。

 
なんでも相談室

19 thoughts on “農協職員からの一通の封書(非親告罪)”

  1. 告発状提出に至った職員に拍手。丸田氏への封書は差出人無記名だとしても告発状へは住所、氏名、連絡先は必要であり代理人弁護士を立てての提出、元職員として感謝したい。さらにこの告発状が受理されるためへの後方支援で丸田氏は公開してくれた。扇山の関係者さん達よ、恨むのであれば丸田氏ではない、農協の組合長、常務、専務が組織の代表者として公平にやっていないからこうなったのです。恨むなら代表理事の四人を恨め。

  2. 市職員が税金72万円着服 窃盗容疑で逮捕 福井・越前市  2018.5.9 07:08

     福井県越前市は8日、市の窓口に納付された税金など計約72万円を着服したとして、子ども福祉課の内田峻也主事(24)を懲戒免職処分とした。既に全額を返還したが、市は越前署に被害届を提出、同署はこのうち約10万円の窃盗容疑で内田容疑者を逮捕した。 逮捕容疑は3月30日、当時在籍していた税務収納課で、複数の市民から預かった10万200円をビニールケースに入れて自宅に持ち帰り、盗んだ疑い。

    1. 常識ある組織であれば告訴、被害届に動きます。
      職員と代表理事の間に深い関係があれば見逃されたりするケースも!
      ごとう農協とJAごとう葬祭で起きた問題。後者でしょうね。
      私が所属する五島ふくえ漁協で起きた着服金問題は告訴し、元職員は執行猶予付き有罪判決となりました。

      1. はじめまして、そうですね、あの事件は組合員理事らからの厳しい指摘で組合としても動かざるを得なかったのでしょう。その点では漁協のほうが普通ですね。

  3. 告発した職員に感謝します!
    狭い島、自分の働く職場に対しての告発…
    色々過ぎったでしょう。
    応援します!

    1. おそらく農協では「告発状提出の犯人探し」を始めるのでしょう!悪いことをしたのは「着服」した元社員。子会社で起きた事件を告発したものが犯人扱いされるごとう農協が変なのです。

  4. 天虎の啓示
      〇 JAごとうの醜態!! 民事訴訟から刑事訴訟へ移行か・・
    『全農会長まで輩出した「JAごとう」、ドコマデ恥を晒す執行部と仲間たち・・。ごとう葬祭
    での横領事件の隠蔽の工作・産廃法違反者への法律違反行為は刑事訴訟法で告発及び告訴状提出
    は必定である(双方、提出済⁈)。さらに、「麦裁判」での懈怠事案発生!。』
       1、悪質な罪人の更生は執行猶予期間等を得て社会復帰すべき日本国家である。
       2、刑事罰を、理事会で平然と組合員の金で支払うと諮るエセ独裁政権。
       3、組合員への悪質な不公平(麦種子の差別配布)等、植物防疫法等での刑事訴訟か?
         ・「麦裁判」中であるが、顧問弁護士並び執行部らは、もう、一年以上も法廷に
          出廷せず、電話口頭裁判のみである。
       ※ 気骨ある職員が存在することに、再生の道は残されているぞ・・・

    1. 天虎さん
      過去を遡れば…漁協、森林組合も横領有り。
      そして、今回は農協…

      行政の指導を仰ぎながら…って某ズブズブのアホな団体長の発言が新聞記事にありました。
      自浄努力、監査機能の無い団体…各組合員が目を覚まさないとダメな時期ですね。

      農協の件はキッチリと責任を果たすべきたと思います。

    2. 気骨ある職員の存在。私も微力ではありますが必要とされる分野で協力していきたいと思います。

  5. 丸田さんサイトで扱ってもらい感謝します。
    扇山とその家族、そして橋詰組合長、家永常務さんたちよ、丸田さんを恨むのは筋違いである。恨むのなら農協をこんな組織にした今の執行部を恨め。あなた方のやっていることが間違いなのだ。

    1. わざわざありがとうございます、昨日の午後から公開しておりますが、すでに800回アクセスされております。サイト訪問されて方々は誰が⁉︎告発され、誰が告発した⁉︎の人の名前が知りたいのがほとんどでしょう。農協のイカれた執行部は名誉毀損じゃ、と顧問弁護士に相談するなどと被告発人の親御さんに話されたでしょう。責任転嫁。

  6. この島では正しい行動をしたものが悪者扱いされる風習がある。家永の出身地域では今でも逆らう者をのけ者扱いする。正しい行動をとった告発職員が誰なのか調べるんだ。そして加担した丸田氏も同罪となる。
    元社員が着服などしなければ何もなかった。一番の悪者は着服した扇山だ。そして着服事件を内々で片付けようとしていた橋詰、家永も同罪だ。

    1. 悪いことを悪いと言える市議会議員も市役所職も一人も居ない。
      なので私が任命されたのでしょうね。
      神様に・・・。

  7.  こういう風習がある集落は、アクセントに語尾が上がる特徴がある。JA丸田氏の天敵、次期教育チョー候補、二三、パワハラバカ校チョーなど。不思議に、皆、極端に利己的な性格をしているのが共通点である。

  8. 一日500近くの人が見てるってことは倍と考えても2000人に拡大。3倍、4倍と世間ではこの話題が必ず行われている。怖いね。
    丸田氏も書いているが、賢い判断。
    警察署へ自ら出頭が利口だな。そうすりゃ裁判での情状酌量は大いに期待できる。

    1. コメントありがとうございます。
      警察署への出頭。これが一番賢い選択ですね。
      それか家族そろって五島を脱出するか。
      逮捕された経験のある私は、この地で見返してやろうと決心しました。
      そうです、自らの身を嘘で守って訴え出た家族が居ずらいように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください