特殊な詐欺ゆえに、、、


五島署へ告発状を提出して16日で早ひと月が経過いたします。

五島という地方田舎の一警察署。大変だろうなぁって思います。私だって一年近く調査してやっと「詐欺未遂」として告発状を書き上げて提出できたのだし。簡単に事件性は無かった!との回答も貰いたくありません。

長崎県警本部捜査二課へでも相談するなりゆっくりと時間をかけて判断して頂きたいと存じます。

五島署へ「告発状」提出しました

話題は変わるが、山本二三美術館事業も指定管理者選定まで含めると加計学園問題に似た問題なのである。京都産業大学は蚊帳の外。二三美術館への指定管理者で にはNPO法人も申請していたんだが、事業計画時点で「山本二三」が設立する団体に指定管理を任そうとレールはひかれていたのだろう。国費、県費、市費を適当に使わないで頂きたい。

今月末の26日からは福岡五島市交流会に市長、議長が参加されるみたいだが、島外では良い話、良い顔しかしないのでしょうね。

五島市民の皆さま、長崎市同様に市長の替え時が来ております。長崎市長選挙には現職の県議、市議が出馬されるみたいですが、五島市議会には市長に相応しい方もいないしね。山田博司県議が市長選挙に出馬と言うならば丸田が対抗馬として出馬するさ!  その前に山田博司県議は来春の統一地方選で頭痛いだろうな。

Print Friendly, PDF & Email

 
なんでも相談室

6 thoughts on “特殊な詐欺ゆえに、、、”

  1. 交通違反、ションベン犯罪だけでは無く、大きなネタがあるんだから、事勿れ主義の離島勤務警察官もギバってくれるやろう!
    城山神社に賽銭入れて願ってきたよ!

      1. 賽銭は住吉神社にも予定しております。
        神様を普段は信じませんが警察は信じないとね。
        法治国家日本!放置国家日本にならないよう願います。

        1. 警察、報道機関がおとなし過ぎるから行政がなめてかかるんです。長崎新聞でのローカル情報は広報誌面の延長だし。問題への独自取材は行われていない。全ては行政からの情報提供。

  2.  「二三館こと五島の●晒し館」の指定管理者は、二三ファミリーしかなれない。なぜなら、指定管理者の選定条件は、二三が判断によるからだ。指定管理者の申し込みをするだけ、時間の無駄なのです。
     子どものころ、小店にくじ付き甘納豆が売っていたが、特等や一等は、最初そこにはなく、後で店の人が貼り付けるようになっていたそうである。これは、店をしていた所の子に、大人になって聞いた。なるほど、最初から張り付けてあったら、早めに特等があたると、残り全体が売れないからね。
     こういうのは、まあ小さな商売だから許せるけど、「二三館こと五島の●晒し館」の指定管理者は、許せない。税金で二三館を作ってもらい、その指定管理は丸投げで、使用人の人件費、運営費は税金で補てんしてもらう。人気のジブリグッズ販売利益だけ、ファミリーがゲット(二三グッズは売れなくともジブリグッズが売れる見込み)。
     詐欺の被害はその時だけだが、「二三館こと五島の●晒し館」の指定管理者によって、五島市が食い物にされ続ける(更新があっても新規参入は実質不可能なのだ)。ひどい話である。

    1. 更新があっても新規参入は実質不可能なのだ。
      このような指定管理施設は、鬼岳四季の里・五島市食肉センター・たい肥センター・三井楽遣唐使ふるさと館・富江たっしゃかランド・全ての指定管理施設が新規参入での選定はなされていない現実である。
      同じところに任せていると、ろくなことは起こらない。
      警察に検察、税務署常に2年から3年での異動。
      市民の皆さん何故だかわかりますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。