代表理事には逆らわない(JAごとう関連)


ごとう農協の理事会議事録を拝見させていただいているのだが、大事な「問題」が議題にはあがらないし、協議もされていない。また、ご自身の失態にニヤニヤしながら説明し詫び。ただし失態の相手方へはきちんと謝罪もしない馬鹿な代表理事を据えるごとう農協。

数名の理事者を除いては全て代表理事(執行部)に逆らわない。逆らわず決議事案に全て賛同する事が理事の務めだと思っているんだろう。ある地区出の女性理事は「わかりません」と答える程度の理事者である。

執行部がきちんとしすぎて上層部に「逆らわない」でなく、悪者になりたくなくて「逆らわない」なのである。この資質は五島市役所、五島市議会と同じなのである。

産業廃棄物処理法違反にて略式起訴され20万円の罰金判決を受けた3名に対しては「職務中の出来事」として農協から罰金は支払われている。これに対しても理事会では支払いに対して「立替金」だと説明してその場しのぎととれる手法で済ませている。農協は職務中であれば道路交通法違反による罰金も農協が支払ってくれるってことだ。

言っておくが、農協は代表理事者の所有企業ではない。農協の資金を自由に使途できる立場ではないのだ。橋詰組合長体制には農協資金の流用が目立っている。これは「特別背任罪」「業務上横領罪」に値するものだと指摘致します。執行部が決めたことでは済まないのです! 理事者各位もそろそろ目を覚まされてはいかがでしょうか?

組合員の方のなかで刑事または検事告発される方はいらっしゃらないのでしょうか? JAごとう葬祭の元社員で葬儀代金を着服し自転車操業されていた「扇山氏」。彼の処分も執行部だけで勝手に取り決められ、まだ若いとして告訴は行われなかった。

理事者各位はご自身の役職の職責を一から学習しないと痛い目にあわれますぞ。

そして本日も1通のハガキが到着したのであった。

私に頑張って助けて下さい。とお願いされるのは光栄なことでございますが、農協を改革するのは組合員さん、職員さんたちがしっかりとなさらないといけない事だと私は考えます。私はできることでの協力はこれまで通り行動していきたいと存じます。

韓国の首都ソウルの光化門広場で、大韓航空職員らが実施した経営者一族の追放を求めるデモ(2018年5月4日)。

故 川中偉信さんは私に常にお話してくださってました。「裏切る人間」より「裏切られる人間」の方がいいぞ! 裏切られても忘れればいいんだよ。


歴代役員ら40人に賠償請求へJA巨額赤字

5/9(水) 23:33配信. 読売新聞

コメ販売高日本一のJA秋田おばこ(本店・秋田県大仙市)が、約62億円の累積赤字を抱えた問題で、同JAの臨時総代会が9日、大仙市内で開かれ、歴代の役員ら約40人に対し、赤字を膨らませた責任を問い、賠償を求める緊急動議が賛成多数で可決された。

総代会で特に問題視されたのは2011、12年産米の販売。この2年分だけで赤字が計約26億9500万円膨らんだことから、両年産のコメが売り切れた昨年3月までの間に理事や監事を務めた歴代役員らに、損害賠償を求めることが決まった。

総代会は非公開で行われ、原喜孝組合長ら役員約40人と、組合員農家の代表者ら約450人が出席。役員報酬や職員給与のカット、組合員に求める「負担金」などを盛り込んだ経営改善方針も示された。

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください