島の教会群。今まで「愛着」ありましたか?


五島市公式サイトまるごとう|お知らせ

平成30年5月4日(日本時間)、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」について、ユネスコの諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)から、「世界遺産一覧表への記載が適当」との勧告がなされました。

イコモスの評価結果

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」については、「記載」が適当との勧告がなされました。

今後は第42回世界遺産委員会(平成30年6月24日~7月4日、バーレーン)において、イコモスの勧告を踏まえ、世界遺産一覧表への記載の可否が決定されます。

詳しくは、「我が国の推薦資産にかかる世界遺産委員会諮問機関による評価結果及び勧告について(PDF形式)」をご覧ください。(五島市役所ページからはリンク先へのアドレスが間違いであると思います。)

イコモス勧告に関する市長コメント

率直に申し上げて、大変嬉しく、喜ばしいことと思います。

また、このことは、先人達が継承してきた尊い信仰の在り方が、国際的にも世界遺産に相応しい価値があると認められたものであり、大変光栄に思っております。

ただ、まだ正式に世界遺産登録が決定したわけではございませんので、今後も、国や県及び関係自治体等とこれまで同様に緊密な連携を図りながら、6月24日からバーレーンにおいて開催される世界遺産委員会において勧告どおり世界遺産に登録されるよう、全力で取り組んでまいります。

平成30年5月4日

五島市長 野口 市太郎


イコモスからの「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」については、「記載」が適当との勧告がなされ、残すは登録決定を残すのみだそうだ。

素直に言わせていただきます。
私は嬉しいとも感じません。非島民と言われても構わない。私は仏教徒。潜伏キリシタンと教会群などピンときたせん。

登録されたら「観光客」が増えて世界遺産登録での経済効果が期待できると言われますが、、、。

市長より「先人達が継承してきた尊い信仰の在り方」という「信仰」について触れられましたが、
毎年お盆時期に想います。ご先祖様への墓参り、五島のお盆の風物詩「お墓の提灯」。

お墓で永眠なさる方々は増え続け、年に一度の墓参りする人口は減っています。

観光客より、五島を故郷に持つ人達が帰って来やすくすることに力を注いでいただきたい。国境離島新法の運賃低廉化で安くなったと思いでしょうが、九州商船などの海、空の企業が努力したからではありません。企業各社自らが運賃低廉化(企業努力)を行えば良いのです。離島新法による運賃低廉化は一生モノではないのですから。
話がそれましたが、世界遺産の教会群を観て回るまえに、ご先祖様が眠るの「お墓参り」「信仰」をきちんとやりたいと思います。
五島市で世界遺産登録を目標に頑張られて来られた関係者の皆様方は、構成資産全てを観て回られるのでしょう。「御苦労」な事ですね。観光客が増えると言われますが、五島市から長崎、天草の地へそれぞれの構成資産を観にいくことが出来なければ、観光客が増える!って言葉は否定されます。五島市の旧五輪教会、江上教会のみが世界遺産登録ではありませんから。
単なる「ミーハーお祭り」で終わらすとがないように年月経過と共に「忘れ去られる構成資産」にならないようにして下さい。

12の構成資産は次のとおりです。

▽南島原市の「原城跡」
▽平戸市の「春日集落と安満岳」
▽平戸市の「中江ノ島」
▽熊本県天草市の「天草の崎津集落」
▽長崎市の「外海の出津集落」
▽長崎市の「外海の大野集落」
▽佐世保市の「黒島の集落」
▽小値賀町の「野崎島の集落跡」
▽新上五島町の「頭ヶ島の集落」
▽五島市の「久賀島の集落」
▽五島市の「奈留島の江上集落」
▽長崎市の「大浦天主堂」

未だに旧五輪教会、江上教会訪問の交通網整備はなされておらず、ツアー以外での訪問には「不便」の感想がつきまとう。
来島者が苦に感じないくらいの輸送計画に力を入れてもらいたい。例えば、1時間に一本、福江港発着で江上教会(奈留町)、旧五輪教会(久賀町)が見学できる周遊コース。たとえ利用客が一人でも低料金で利用できる交通体制実現を期待します。

何でも「世界遺産登録」されたからって喜びすぎるのはどうなのか?って考えます。「世界遺産=観光客」が増える。私はこの考え方に疑問を持っているだけです。また、今回の勧告の中に、「長崎県五島市にある奈留島の江上天主堂から視界に入る、より広い部分を景観保護のためのバッファーゾーン(緩衝地帯)に含めるべきだ、などとした。」五島市はどう動くのだろうな。

本気で観光素材アイテムと位置付けるのであれば、世界遺産登録の一過性のもので終わらせないでいただきたい。ブームは終わったなどと、、、。

教会の静かな雰囲気が今後も保たれることを切に願う一人であります。

 
なんでも相談室

12 thoughts on “島の教会群。今まで「愛着」ありましたか?”

    1. 世界遺産登録決定はライブで!いくらアホでもやっちゃいけません。政府へ連絡あって関係自治体に通達されますからね(笑)

  1.  「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」で、日本にも古い教会があるとアピールしたが、特に遺産といえる代物でなく、見当違いだった。イコモスから、キリスト教関連遺産として「隠れキリシタン」の特化したらと言われた。
     というのも、なにしろ日本は、ユネスコの拠出金を、アメリカについで世界2位の負担をしているのである。だからユネスコも気をつかいます。そういうことで、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産と」に変更することになった。なぜか、このとき「隠れキリシタン」が「潜伏キリシタン」に変更していた。
     「隠れキリシタン」のどこが、世界遺産になるかと言えば、
     禁教により、キリシタン→隠れキリシタン・・・・→信教の自由により、告白しキリスト教になった。隠れキリスト教の信仰を守った宗教遺産に価値があるとのことだから、隠れキリシタン=今も隠れキリシタンは評価されない。隠れ=神道に隠れた→今は神道、この宗教遺産も評価されない。
     要するに、今キリスト教徒である日本人が、かつて潜伏(隠れ)キリシタンとして、信仰を守った宗教史跡のみが世界遺産とアピールできるというのである。
     「隠れキリシタン」告白を受けた教会が「大浦天主堂」という訳だ。五島で言えば、「隠れキリシタン」は、黒蔵、南河原、椛島あたりが、隠れのままであった。そんなところは、隠れのままだから評価されない。無視である。
     正当な評価からいえば、禁教により、キリスト教布教にあわせて、各国を植民地支配したイギリス、スペインなどから日本を守った当時の幕府の禁教政策は、正しいといえる。NHKの「三浦按針」でも同じ論旨であった。
     隠れキリシタン時代に、弾圧を受けたと強調する史跡(牢屋跡レプリカなど)は、速やかに撤去して欲しい。世界に、残虐な日本人をアピールしていて、禁教の意味を曲解させるのもである。禁教は、当時の状況では、誤りではなく、禁教時代の弾圧は、好ましくはないが、仕方がなかったのである。

    1. 詳しいご説明ありがとうございます。私を含め「構成資産が五島に在る」ではなく、隠れキリシタンの流れを理解されている市民は数える程度でしょうね。登録までは騒ぐし、騒がれます。しかし一年、二年、五年、十年といずれ忘れ去られていくのが目に見えています。市役所の職員含め本当に登録を歓迎さるている方々、登録決定後は全ての資産及び構成資産から外れた教会巡りをなされるのでしょうね。観光客が増えるなどと口にされますが、我々も観光客の一人であることを忘れないでくださいね。

  2. 潜伏キリシタン、隠れキリシタンからの名称変更。大丈夫、五島市には潜伏丸田支持者がいますから。

  3.  世界遺産は、日本のキリスト教遺産である古い教会が対象でなく、「隠れキリシタン」が世界遺産の対象になっています。その内容は、今、カトリックの信徒であるが「昔、隠れだった。弾圧など受けながらカトリックに復帰した所の遺跡」に限定してるんですよ。禁教時代から信念をつらぬいた「真の『隠れキリシタン』の歴史遺産は、無視です」。イコモスは、「隠れキリシタンの歴史遺産に特化しろ」と助言したのですが、隠れからカトリックに復帰して視点でしかとらえていない。如何にも、いい加減な世界遺産であるといえよう。
     軽薄な、「だから言った郎」をはじめ市の幹部も、イコモスの指摘した世界遺産の意味を理解していない。
     ガリが勉の「肘つきぼくちゃん」に頼むよ。市チョーに助言してください。イコモスの指摘を反映した「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を認め、さらに、五島独自に、観光資産として、「隠れキリシタンは、いまだに隠れ、あるいは今は神道、あるいは仏教徒としての歴史遺産が豊富にある」ことを関連づけて観光遺産とすべきであると。市チョーは馬鹿じゃなければ、助言を受け入れると思うよ。これこそは、世界遺産としてイコモスの指摘した意味だ。
     この意見が反映されれば、「二三館」=「五島の●展示館」より、遥かに客呼べるよ。

  4. 大波止に運航している時間より、停泊している時間が長い、●口汽船の船舶や漁協の長●丸、五島バス、タクシー、レンタカーを活用させる。

    帰省客、観光客に観光モデルコースを利用しやすく、IoTとXPを最大限に活かした内容でパッケージ化して島内資本の会社に、お金が落ちる仕組みを作る。

    五島の見所をわかりやすく、魅力的には発信して、一次産業から三次産業まで潤う街づくりをして欲しい。

    その為には本土からのアクセスの改善も大事です。

    1. 五島ではXPをWindowsのosと読み取る市役所、観光関係者です。
      五島の見所も観光パンフ見ながらでしか説明できません。大丈夫!二三美術館に世界遺産構成資産、二年も経過したら忘れ去られます。

  5.  個人的には興味なし、見に来る人は、どこが「潜伏キリシタン」なの。関係ないじゃん。これでは「詐欺遺産」と言われかれない。「隠れキリシタン遺産として、若松のルルドなど」と関連させた観光地を整備し、交通網の充実を図らないと、長崎、天草だけで帰っていくよ。せっかくつくった二三館は、何の役も立たない。

    1. ショッパーズプラザも近いうちに解体されるそうですから、跡地に教会風の世界遺産登録記念館をつくっていただきたいものですね。野口市太郎市長在任期間の記念として。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.