二三美術館で「大江戸展」?!


五島市武家屋敷町の五島市、山本二三美術館企画展示室で開催されはしないはずの「大江戸展」(JAごとう、山本二三美術館主催)の入場者数が2日、510人には達しないことが確定。

私は現実的なお話をしたまでです。

お隣の新上五島町から観にくるだろうか?

福江佐世保の海路に乗船してわざわざ観にくるだろうか?

福江長崎の海路に乗船してわざわざ観にくるだろうか?

福江福岡の空路に搭乗してわざわざ観にくるだろうか?

来るはずないよ。


「大江戸展」3万人突破
5/3(木) 13:36
長崎新聞

「大江戸展」3万人突破

長崎市出島町の長崎県美術館企画展示室で開催中の「大江戸展」(長崎新聞社、長崎県美術館主催)の入場者数が2日、3万人に達した。3万人目となった長崎県佐世保市権常寺町の前田麻有(まゆ)さん(28)に記念品が贈られた。
母親と2人で訪れた前田さんは、米田耕司館長から記念品として、葛飾北斎の「黒富士」と呼ばれる人気の額絵などを受け取った。前田さんは「教科書にも載っている江戸時代の本物をじっくり鑑賞しようと訪れた。3万人目となり、とても驚いた。頂いた絵は家に大切に飾りたい」と笑顔を見せた。
同展は、東京富士美術館(東京都八王子市)が所蔵する名品を集めた企画展で、6日までの前期展には約70点が並ぶ。後期展は9~27日で、展示品を一部入れ替え、歌川広重の「東海道五拾三次」や伊藤若冲(じゃくちゅう)の「象図」など約80点を展示する。

 
なんでも相談室

8 thoughts on “二三美術館で「大江戸展」?!”

  1. アイドリングタイム
    若しくは
    ノンゲスでしょう!
    ジョイフルの来店者数には及ばないw

      1. 公益財団法人でもなければ、個人の営利目的としか受け止められない存在。
        某博物館は入場者数が多くても閉館した。
        理由は当初から子供を無料とした事による赤字。

        赤字になって直ぐに閉館した首長はある意味、素晴らしい判断。

        丸田砲が武家屋敷通り響く日は近い!

        1. 市役所職員は家族を連れて毎週土日美術館通い。当然の仕事です。私は毎週土日美術館前での街頭演説、当然の後援会活動です。

        2. 国の税金は、個人の利益を生み出す事業に使われる。これこそ「会計検査院」の登場です。事業費の内訳がまた疑惑。内装装飾で8000万を超えてます。建築改修工事費は別ですからね。

  2.  山本二三美術館のオープンの日は、是非、「本人」と「マウンテンブックの役員」を呼んで下さい。そうすれば、入場者が増えますよ。というのも、二三の絵は興味ないけど、「通称:五島の●展示館」に、一族で群がる五島の有名人て「どんなやっじゃろか、面なっと見に行かんば」と思う人がいるからです。珍しい人たちを見るのは面白そうだから、是非行きたいと思います。

    1. 私は美術館前でオープニングを祝う7月期の街頭演説で華を添えさせていただきます。

    2. 開館初日イベント「最初で最後の大反響」。美術館前も大騒ぎ。丸田による美術館開館に至った経緯の解説付きですから親切、丁寧に「二三ファミリー美術館」が話されます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください