病院跡地の図書館。


旧五島病院。どれほどの人が息を引き取られたのだろうか。

利用者の居ない開館前と閉館後。私には無関係な時間帯。そんな風に何かの気配を感じてしまう「夢」のない新図書館の建設事業も着々と進んでいるようですね。


いっそのこと、海と鬼岳が眺められる図書館を考える人は市役所にはいなかったんでしょうね。

駅直結のガラス張り図書館、にぎわいを街に見せる 2018/04/19

2月3日の開業日に訪れたのは1万8000人。その後も大勢でにぎわい、来館者は同月だけで22万人を数えた。山口県周南市の玄関口、JR徳山駅に直結する周南市立徳山駅前図書館は、初年度の年間目標120万人を上回るペースで人を呼び寄せている。1969年に建てられた旧駅ビルを建て替えた建物は、鉄骨造3階建て。公立図書館と書店、カフェ、交番などが入る。

施設の特徴は2つある。地域の主要駅に直結して図書館を設けたこと。そして、駅の持つ集客力を街なかにも波及させようとしている点だ。駅改札のある橋上の自由通路は、そのまま建物内に入って2階のテラスとなり、駅前広場に向けて大きく張り出す。建物は全面ガラス張りで、夕暮れとともに明かりがともると、内部の様子が街に浮かび上がる。

「直射の入らない北向きの建物なので、街に対して開き、“街のリビング”のような空間をつくろうと思った」。そう話すのは、設計を手掛けた内藤廣建築設計事務所(東京都千代田区)の内藤廣代表だ。周南市が2013年12月に実施した公募型プロポーザルで設計者に選定された。

「駅周辺ににぎわいを取り戻すきっかけとなる施設として、市民の要望が多かった図書館や書店、カフェなどが入る施設を計画した」。周南市中心市街地整備部中心市街地整備課の野村正純課長は、建設の背景をそう説明する。

15年ほど前から周南市は中心市街地活性化の一環で徳山駅周辺整備に取り組んできた。14年には、駅舎の橋上化に合わせて、駅の南北をつなぐ自由通路を整備。続いて駅前広場の再整備と一体で、旧駅ビルの建て替えを進めてきた。正式な名称は「周南市徳山駅前賑わい交流施設」だが、完成後は図書館を前面に打ち出した呼称が使われている。

図書館や書店などの運営は、公募で指定管理者に選定されたカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が担う。同社が同様の形式で運営する公立図書館は、周南市で全国5件目となる。


あまり利用価値のない、市民の憩い場にもなりきれない用地。
大波止にある港公園に建設すれば見栄えもよく、観光客の出発までの時間つぶしにも利用できる。五島病院跡地に建てられる図書館のカフェスペースからは福江川を挟んで真向いには観音寺のお墓がたくさん!お盆の三日間は景色は最高。しかし図書館は休館かい(笑)。

港公園に建てられたら、図書館のカフェスペースからは海と鬼岳が臨める。当然に売り上げも違うでしょうね!
夢も希望もない、金だけ費やす新図書館計画は着々と進んでいます。

 
なんでも相談室

4 thoughts on “病院跡地の図書館。”

  1.  武雄市がツタヤとコラボした図書館は有名ですが、徳山(現、周南市)がより発展させましたね。昔、徳山に行ったことがあるが、駅前は長崎より遥かに賑わいはなかった。
     五島市も、他所のいいところは取り入れて欲しい
     例えば下大津埋立地に、屋根尾島、サザエ島など景観を。反映させた図書館を計画してはどうだろうか。テナントを入れれば、宿泊施設や食堂、土産品店などを併設した観光地にもなる。テナントの収入で、建設費の補てんが可能だし、雇用も生まれる。行ってみなさい。下大津埋立地からの景観は素晴らしいよ。
     二三館や久賀藤原邸よりは、人を呼べると思う。ちょこちょこ無駄な施設をつくるよりドーンと、図書館と併合施設をやったらどうだ、「だから言ったろう!市長さん」。

    1. 武雄市図書館は休館なし、9時から21時(365日営業)。五島市新図書館、二三美術館、歴史資料館、文化会館、市民体育館、久賀観光拠点センター必ず条例策定時から休館日は組み込まれております。

  2.  丸田氏の意見のように、交通などを考えると福江湊公園もあると思うが、いかんせんその場所では福江港ターミナルなどが景観をじゃまするから、福江港近くにするなら、警察前やその先を埋め立てたら(オサダの裏一帯)どうだろうか。
     そこに建設出来れば、最善だが、現状では困難なことがあると思う。埋め立てのネックなる塩塚造船である。移転先を保障しなければならない。丸木か、戸楽、あるいは六方の移転で納得してもらえればと思う。
     現況には広い埋立地ができ、将来、機能的な土地の確保ができる。そこには、公的施設(学校や病院など)の建設が用意できる。しかし現状では残念ながら困難であろう。よって、下大津埋立地が最良であると思う。

  3. 五島市の絡む箱物行政
    公共施設の稼働率はどれぐらいでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください