徳也&洋子の議会も裁判もけったるい


山田よう子反訴状でのページへの指摘内容 
・反訴原告と無関係の、市役所職員の勤務態度を批判する記事
・本件裁判の第1回口頭弁論期日を告げる記事。

今や市役所の有名人と言えば上記画像の⭕の中の人物。特技はスーツで夕焼けマラソンに参加する事らしい。

総務省では出世のスピードはゆっくりですが、地方自治体への派遣であれば田舎者の市民や移住者、市の職員はぺこぺこだし、おまけに市長、副市長の次のポスト4席の一つである商工振興部長を用意してくれるし、まだ29歳だし四年くらいなら居心地も良いし、自身も移住者として、妻と1歳の娘とともに、五島ライフを満喫すれば良い。
https://connpass.com/user/TokuyaShiokawa/

移住8カ月経過、大分田舎の生活にも慣れてきたし、くだらない議会くらいネクタイでも緩めて適当にやっとくか。

29歳の余所モン若造に長崎五島間の海上航路の問題や商店街再生の問題などについて、部下から用意された文章をただ棒読みしているのを視聴する市民が可哀想である。全ての男性議員に男性理事者が身形はきちんとしてんだからな。指摘された場合は、相手方へ「ご趣旨は理解できました」ではなく、「ご注意下さりありがとうございました」なんだよ。市役所では注意とか指導してくれる幹部や職員いないかもしれないが、勤務中はざーとするなよ。

私が原告で訴え出た市議会議員山田洋子への民事訴訟が明日から始まります。

一丁前に「法テラス」に代理人弁護士をお願いしたようで、兄で県議会議員 山田ひろしと同じように法廷へ出廷しないつもりでいるのだろうが、私を甘くみてもらってはこまる。被告人質問できちんと出廷させますよ!

何せ、ご本人自らが「さいごは民事で制裁します」と言い切っていた山田洋子だもんな。

第1回口頭弁論

3月8日 13時10分

裁判は傍聴出来ますが、被告 山田洋子は出廷しないでしょう!いや、出廷出来ないんですよ。

 
なんでも相談室

7 thoughts on “徳也&洋子の議会も裁判もけったるい”

  1. エリート塩川部長さま、ネクタイの緩みは気の緩みからきてるのでしょうね。私が29歳の時は作業着、スーツと場に適した姿できちんと仕事していましたが、誰も注意しないのは告げ口が怖いんですよ。市長や副市長にチクられでもしたら正しい行いをしてもこちらが痛い目にあいますから。山田洋子市議先生、自分で訴えて制裁すると言われているんですから、有言実行でお願いします。提訴するまでの大変な作業は丸田さんが代わりに行ってくださったじゃないですか。裁判で勝てるから言われたんでしょう。裁判は大事なものではないのですか?代理人に任せるくらいなら議員職もあなたでなくてもよろしいのではないのでしょうか。

    1. 少しは元気になられたご様子ですね(^o^)
      人生長いんだから早くに別世界を体感すると麻痺を起こすんですよ。県議会議員の山田博司氏もその一人ですね。その下で秘書として勘違いを身につけた方が市議会議員ですからね!って落選した私が言うと負け犬の遠吠えなどと噛みつかれますね(笑)
      言われるのが嫌であればきちんとやれば良いだけです。私は陰で悪口言われても気にならないように成長したものでして。面と向かって言われれば反省もするし謝罪もできます。当然に心からありがとうとも伝えきれます🤗

  2. エリート塩川部長は「準」がついてる。だから「純」粋には「キャリア(国家公務員I種に合格して本庁に採用されている者を指す俗称)」ではない。だからエリートとまでは、言えない。
     キャリアになれるのは、相当に頭がいいから、一般常識や自分の行動でどのように世間が反応するか分かって行動できる。三島由紀夫ももとはエリート高級官僚であったが、作家の仕事が、健康に支障を与えるので作家に専念したのである。彼の作品の中で、口述した「行動学入門』がある。これを口述するときに、原稿用紙9枚分とされていた。彼はそれを、毎回1回で9枚分ぴったり語った編集者の話がある。
     これがエリートのレベルだ。原稿を見なくても、部下の草稿に目を通すだけで、言うべきことを把握し、自分の言葉で
    所要の時間内で、抑揚をつけて喋れる。これが普通だ。何なら外国人が聴衆なら流暢に英語で話せる。このくらいが「キャリア」といわれるエリートだ。「●●」君みたいに、下を見ながら原稿を読むのは、論外だ。

    1. 何もかも「商工振興部長」に配置したのが問題でしたね。塩川若造さんも「僕には荷が重すぎます」と思っていないことを市長、副市長に言えば良かったんですよ。
      大相撲五島場所に副市長と腕組んで観戦する方が九州商船のスト問題より大事だったんでしょうからね。

  3. そんな暇があるのか。ベトナム人は語学の勉強しに来るんじゃないのか。 より:

     議会をみると、ベトナム「流」学生問題、「だからいったろ」はぼくちゃんブチョーに回答させていた。

     ①優秀な人材を育てる。大学や通訳とか日系企業とかの就職を考えている。→ベトナム人じゃなく、先ずは、五島や日本人の人材を育てることでしょうが。どうしてベトナム人就職の世話までせんばいかんとですか。それよりか五島の若者の就職の世話対策をしてください。
     ②交付金が増えるとか800万円→施設改修や奨学金、その他行政サービスで800万円以上使うはだず。間抜けぼくちやんブチョーよ、人をバカするなよ。どういう説明なんだ。
     ③人口減少対策に大きく寄与する→80人増えて、大きく寄与するの。消費が増えるというけど、税金を納めない学生に行政サービスは持ち出し、犯罪頻発の畏れ、防犯対策で生活しにくい環境になる。
     ④留学ビザでアルバイトを推奨する五島市(「週28時間しか就労出来ませんが」と言ってる)→元々、留学生=労働者とは許されないのだ。だから、労働者にならないよう制限しているんだよ。ぼくちやんブチョーは、「週8時間しか」と時間制限を不満そうに言っている。
     40時間でいえば→56人分に相当する(多いに労働者として期待している発言)→行政の発言では考えられない問題発言になる。
     ⑤異文化交流が増える、地域 子ども外国文化と触れる機会増える→アルバイトで忙しい学生がどんな交流ができるの?こどもは、近寄らせないようしないと。日本みたいに安全でない国からくる人はまず警戒しないと。そんなに安全なら、あなたの嫁さんを住み込みで世話しに行かせろよ。
     ⑥ベトナム人がSNSで五島の魅力を世界に発信して知名度向上、観光客、移住者向上→いい情報を流すとは限らんぞ。そんなに五島の魅力を感じるのか、そんな暇があるのか。ベトナム人は語学の勉強しに来るんじゃないのか。

    1. 坂の上地区住民も理解されてきたらしいですので、問題が発生した場合は、市役所と坂の上地区住民が責任取ってくれるのでしょう。
      新年度に大賀課長へ質問書提出したいと思います。

  4. 以下、東京大学、東京大学卒業を東大及び東大卒と略する部分が多々ありますが
    東京大学及び東京大学を卒業された方に悪意はありません。悪しからずご了承ください。

    トップが緩いから部下も緩くなるんでしょうね。お飾り市長の真後ろで余裕の貫禄。流石東大卒。
    市長もお飾りでないのなら、職員の身なりを議会前にチェックする時間位取れたでしょうに(笑)
    若造君、ご出身大学が頭狂大学と皮肉られないようご注意くださいね。(笑)

    私は東大に入る学力はありませんが、ネクタイ締める常識はあります(笑)
    社会に出れば出身大学とか、学歴とか正直どうでもいいのですよ。

    中卒でも東大卒より稼いでいる方はいます。
    東大卒であっても非常識で企業にとってマイナスであればクビになります。
    緩い市長がいる五島市でよかったですね(笑)
    くれぐれも高学歴というぬるま湯に浸からないように。
    市民の目は市役所関係者より厳しいのですよ。

    私の両親は中卒ですが二人の子供を大学まで奨学金なしで進学させてくれました。東大ではありませんが( ̄▽ ̄;)
    若造君の出身高校は知りませんが、高卒、東京大学卒の肩書捨てて若造君は一人娘を大学まで出せますか?
    あの緩めたネクタイでは無理だと断言します。

    五島観光のついでにごとう脳狂への出向はいかがでしょうか?
    犯罪を黙認する五島市とグダグダな関係ですからすぐに慣れますよ。
    青い海と緑の大地に囲まれた大自然五島市を汚す黒い組織、企業を知ることも
    観光の醍醐味ではないでしょうか?(笑)

    さてさて、毒吐きついでに、上記のコメントに回答というか、勝手に補足入れさせていただきます。
    まず現状の五島市では優秀な人材は国籍関係なしに育ちません。
    まず市長やお偉いさん気取りの若い東大卒があの有様ですから。

    そして補助金や交付金はただしく使われることはありません。
    お金が黒かグレーに染まるだけです。

    人口減少。。。こんな市だから当たり前。
    市民に厳しく東大卒とベトナム人に優しい島ごとう(´Д`)ハァ…意味わかりません。
    https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4073/
    https://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/fcbfd236c53f2bc9e2d1dd449ce4e9bd
    https://news.yahoo.co.jp/byline/ishimarujiro/20161222-00065783/
    こんな記事も容易に見つかります。(流)学生受け入れくれぐれもご注意を。

    外国人に使う予算があるなら給付奨学金制度の導入をお願いしたいですね。
    五島市には未来の五島市を担う小・中・高の児童、生徒が多数存在します。
    ばらかもん奨学助成金交付制度→ばらかもん給付奨学金制度に変えてはいかがですか?
    出て行く若者に歯止めがかからないから外国人を呼び込もうとする考えが甘すぎます。

    まずはネクタイ締めて外国人でなく、五島に生まれた貴重な宝の子供たちを尊重しませんか?

    見切り発車の五島市。。不安と絶望しかありません。。。(´Д`)ハァ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.