答弁書作成が間に合わないときの決まり文句


山田よう子反訴状でのページへの指摘内容 
・本訴の答弁書を反訴被告なりに解説する記事
・「山田洋子は学生時代に宿題をよく忘れてたよ。頭も良くはなかったし。(笑)宿題と答弁書の納期は守りましょう(笑)」という第三者からメッセージだという文書の引用
・「現職の市会議員さんて思考力って必要のないご職業なのだろうか?」との記載
・反訴被告の事務所に貼られたビラの写真

本来ならば「腕の見せどころ」という現しが正しいが、山田洋子の場合は、「うそ」の見せどころなのでしょう。

流石は市議会議員の山田洋子ちゃん。
3月8日、午後1時10分からの第1回口頭弁論には姿を現さないことでしょうね!
ついでに14日の市内中学校卒業式にも顔出さないで良いですよ。
なぜなら私は役員として「来賓席」に着座致します。
裁判所から訴状が届いてまず被告 山田洋子がおこなったこと。
FB上から指摘された内容の削除でしたね。それから弁護士探しに忙しかったのでしょう。
代理人として受けて下さったのですね!五島市にある法テラスの弁護士さんが・・・・
被告 山田洋子と会うより本物の弁護士様と戦えることが楽しみです!よし本気モードでいこうかな。
法テラスとは
「法専門家に依頼したいけど、経済的に余裕がない」とお悩みの方を支援しています。
お悩みに応じた相談窓口や、法制度に関する情報はどなたにも無料でご案内しています。
弁護士や司法書士への法律相談等のご利用については、こちらをご覧ください

市議会議員でありながら、そして1000人もFB上では友人がいるらしいけど、知り合いに弁護士とかいなかったの? 現職の市議会議員だって言うのにさ。そして「さいごは民事で制裁します」とかまで捨て台詞吐き捨てていたのに。逆に私から提訴起こされたのですか。

甲号証閲覧(甲26と27号証は本サイトデータから省いております)
安易な考えで「いいね・ひどいね・悲しいね」をプッシュされた方、そして「シェア」された方、コメント投稿されたかた全てが立派な名誉棄損に加担した証拠なのであります。

私には3百数十名しかFBには友人知人がいませんが、訴状の一つや二つ相談に乗ってくれて出来上がった訴状を校正してくれる方はいます。なので本人訴訟が起こせるんですよ。

このことはごとう農業協同組合の理事者各位も頭に入れといたほうがいいですよ。

市議会議員の山田洋子ちゃんみたいに、「さいごは民事で制裁します」といった脅し言葉は使いません。やると言ったら提訴に踏み切れますから。

あ、私には顧問弁護士など居ませんからね。

さて訴状に対する代理人弁護士 寺井研一郎氏からの答弁書に

請求の原因に対しての認否に

『受任後間もないため追って認否する。』とありますが

「追って認否する」とは、くだけた言い方をすると「今回の期日までには言い分の整理が間に合いませんでした。今回は言い分を述べることができません。次回には言い分を述べるので待ってください」という意味です。第1回期日までに答弁書の作成が間に合わないときの決まり文句です。実務上はよくあります。といいますか、答弁書において請求原因に対する実質的な認否をしている方が少ないのではないでしょうか。

本来は、答弁書の中で請求原因に対する実質的な認否をしなければいけないことにはなっています。ですが、実際には、様々な事情でそういう訳にはいかないのです。

まず、被告に訴状が届いてから、弁護士に依頼するまでに時間がかります。被告に顧問弁護士がいれば話はスムーズなのですが、現在の日本では弁護士と付き合いがない人の方が多いようです。そうなると、知人を通して弁護士を紹介してもらったり、ホームページを検索したり、弁護士会の法律相談に行ったりして、受任してもらえる弁護士を探さなくてはいけません。ここまでに数週間かかることもあるようです。

市議会議員の山田洋子ちゃん、「さいごは民事で制裁します」との強気はいったい何だったのでしょうか?お兄さん同様に『必ず判決までは被告の本人尋問行わせます』そして裁判官に『制裁してもらいます』。
3月5日の一般質問へ傍聴は何名来てくれていましたか?
3月8日の判所へ傍聴が何名来ていたか、代理人弁護士からお聞きされると良いですよ。

追伸
市議会議員の山田洋子ちゃんの同級生?からこんな応援メッセージも頂戴しています。
下は丸田を敵に回した3人である(笑)

先輩、山田洋子の答弁書に間に合わなかった理由がわかりました!
山田洋子は学生時代に宿題をよく忘れてたよ。頭も良くはなかったし。(笑)
宿題と答弁書の納期は守りましょう(笑)

市議会議員の山田洋子は自ら書いて拡散していたネット文章を私から裁判を提訴された。ご自身で丸田に対して「さいごは民事で制裁します」とまで言い切っておられましたが、自分が書いて提訴までやるって言ってながらなぜ訴状へ対して自分で答弁書を書けないのでしょうか?
現職の市会議員さんて思考力って必要のないご職業なのだろうか?

 
なんでも相談室

8 thoughts on “答弁書作成が間に合わないときの決まり文句”

  1. 福江中学校ではモッコリ先生ってあだ名の数学教諭、塩塚先生でしたね!
    そのうち、塩って言ったら、福江中学校では塩川部長になるでしょうか?
    丸田さんの事務所は登下校中の子供達が丸田さんの掲示物を見ていますしね。
    中学生が何故、洋子ちゃんのアレを知っているのか不思議です。
    先日は心配されてか、洋子ちゃんのお母様が見ていたそうです。その辺の年寄を騙しても、親に心配は掛けてはいけません。
    お兄様は市の予算、寄付、その他の関係者が尽力された案件も自分でやったかの様に活動報告していますね。
    見る人が見れば一瞬で「嘘」とわかります。五島市の無関心、無知なのが幸いな兄妹なんです。

    裁判初日、エスケープ、アブセントは構いません、保健室で寝ていても大丈夫!でも、最終的には自分の力で解決しないとね。

    1. つい最近判決にて実刑を言い渡された某石湊会の某石本元組長さんの刑事事件裁判。私は判決含め3回の傍聴に行きました。最初のうちは某法テラスの弁護士先生が代理人弁護士でおられたようですが、山田洋子先生の代理人弁護士先生と同一なのかもしれません。新しい市役所にも保険室とシャワールームと仮眠室作らんば!一般質問で言えばよかっじゃん。◯川と、、、。

  2. 塩塚先生に習った数学では二次関数でグラフ上の面積は求められませんでしたが…。
    教科書ガイドより数研チャート式で勉強しました。今、数学の問題を見ていました(笑)
    丸田さんは思わぬ形で次の対戦相手を見かけたんですね。
    県庁前の人探しは見つかったのでしょうか?
    そのうち、ラッピングバス、ラッピングフェリーも出そうですね。

    1. ラッピングフェリーは最終的なデザイン打合せの段階だと海事組合員が言いよったですよ。
      今日の議会で票稼ぎで九商の悪口ばかり言われた議会傍聴に来ちょったらしかけん。

      1. 塩川部長が議会で発言してましたね。
        市長、その他議員を見てたら胸糞悪くなったので、youtubeに切り替えました。

        某議員子息はORC御用達、ママは身障者スペースにヤカラ止め。
        補助金もらいながら、政治資金を寄付する某難民船運航会社も人探しに協力するのですね。

        1. 潮被りに強いラッピングで高くつくとか嘆いていたよ。身障者スペースの正しい使い方を知らんとじゃろ。正しくは車椅子専用のスペースじゃけんね。五島市の量販店などでは「頭」の障害がある人が結構利用してるけんね。

          1. 「頭」に障害っていうか、先を見れない人がおる。
            消極的選択肢しか無い五島市議会議員候補。
            疑惑のウルトラF倫現職議員VS般若支部長の選択人選。
            般若VSどこでも赤旗革命
            無投票市長…@ただ今二期目椅子ぷらんぷらん。

  3. 丸田氏vs山田洋子が、丸田氏vs法テラスとなったのですね。結局山田洋子は自分で民事で訴えて制裁すると強気で放たれたが、自分の力では何もできない。選挙では現職兄の知名度と情け票での完勝。丸田氏は事前運動もせず地縁 血縁 政党などの力も金も無い無の状態からの得票数。山田洋子に同じ内容での戦い方はできぬ話。これは他の19名にも言えることだ。
    今後の裁判の行方。小さな島の法テラス派遣弁護士が素人丸田氏にどのような手段でうけてたつのであろうか。くれぐれも自身の評価を下げるような戦法はよしたほうが利口ではないか。山田洋子の嘘を見抜けぬようだったら異動は致し方ないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.