長崎県五島保健所は認めた


長崎県五島保健所担当者は今朝の電話にて五島市たい肥センターの「法律違反」を認めた。

今後は早急に技術管理者を設置するように指導したという。昨年8月より管理資格所持者不在。早急な対応ね〜

五島市農業振興課は、指定管理者のごとう農業協同組合へ協力し管理資格所持者の斡旋を行なっていくと五島保健所担当者へ話したと言う。

そこで反論。明日締切の指定管理者申し込みには管理資格所持者の氏名が記入されているとのことだが、それが真実であれば五島市農業振興課が資格所持者の斡旋を行う必要などない。申請書に記名されている人物を現時点で配置すれば良いでしょう。疑惑は続く。

県保健所担当者は言った。地域への損害、環境汚染は確認されていないからして刑事告訴等は必要ない。法律で定められている管理資格所持者設置義務。意味ないじゃん。

自治体は下部自治体に優しい。そして五島市はごとう農業協同組合にはよいしょする。これじゃ素晴らしい団体、組織は生まれません。

2時より五島保健所、市役所を前に法律違反への厳しい対応を望むとし街演させていただきました。環境被害が発生していない、工場はきちんとされているから口頭による指導でいいのだろうか?道路交通法に定められているシートベルト着用、携帯電話操作、一時停止など事故が発生しなくとも違反すれば現行犯で切符を切られ罰せられるのであります。


事件にはならないのか!?

有機性廃棄物資源化技術管理士

堆肥センターの経営を左右するのは人(優秀な技術者)であり、土作りに必要な堆肥の品質とは何か、それを製造する技術の基本は何かを明確に理解している技術者を配置することが一番肝心である。➡全国堆肥センター協議会の開催

上記の説明の中の優秀な技術者、そして技術者を配置することが一番肝心である。と記されている。当然に五島市たい肥センターは産業廃棄物処理施設に該当される施設なのである。
長崎県五島保健所の職員が「速やかな管理士の補充に努めてください」としても、法律に沿った判断が最優先なのである。当時口にした長崎県保健所の職員が言ったからといって、名前も記憶していない担当職員が「言いました」という保証は何もないのである。それが公務員の体質なのだ。

今月の24日で締め切られる五島市たい肥センター指定管理者申し込み。
果たしてごとう農業協同組合は大丈夫なのか!?

廃棄物処理施設技術管理者(有機性廃棄物資源化技術管理士)が昨年7月31日で退職されていたのである。下記の定期異動情報(2017.8月号)にて技術者退職は確認済み。

つまり五島市たい肥センター指定管理者として運営に選ばれた企業=ごとう農業協同組合(平成29年11月30日、産業廃棄物処理法違反にて200万円の罰金有罪)が操業稼働しているセンターに専任の技術者が今日までいないのである。
1月24日に締め切られる五島市たい肥センターの平成30年度指定管理者申し込み。
その申し込みには技術者の氏名は書かれているそうであるが、現在、管理士は不在のまま市農業振興課はごとう農業協同組合に施設を稼働運営させているのである。これこそ、廃棄物処理法の30条8項違反に該当するのである。

第30条 次の各号のいずれかに該当する者は、三十万円以下の罰金に処する。
8 第21条第1項の規定に違反して、技術管理者を置かなかつた者
(技術管理者)
第21条 一般廃棄物処理施設(政令で定めるし尿処理施設及び一般廃棄物の最終処分場を除く。)の設置者(市町村が第六条の二第一項の規定により一般廃棄物を処分するために設置する一般廃棄物処理施設にあつては、管理者)又は産業廃棄物処理施設(政令で定める産業廃棄物の最終処分場を除く。)の設置者は、当該一般廃棄物処理施設又は産業廃棄物処理施設の維持管理に関する技術上の業務を担当させるため、技術管理者を置かなければならない。ただし、自ら技術管理者として管理する一般廃棄物処理施設又は産業廃棄物処理施設については、この限りでない。

ごとう農業協同組合から技術者不在の連絡を受けた市担当課長補佐。いつの話だったか分からないが、農協に対して「速やかに技術者を設置してくれ」とお願いしたそうだ。
またこの時は長崎県五島保健所からも指示を受けてこのように伝えたというが、当時の担当者の名前は忘れたという有様。

現在申し込み受付中の平成30年度指定管理者には、この有機性廃棄物資源化技術管理士の資格を持った技術者がいないと申し込みそのものができないという。
受付期間
平成29年12月25日(月曜日)~平成30年1月24日(水曜日)
施設名・所在地
たい肥センター
長崎県五島市浜町692番地1
指定の期間(予定)
平成30年4月1日~平成35年3月31日(5年間)
担当課・お問合せ先
五島市役所 農林水産部農業振興課畜産鳥獣対策班
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-7816(直通)
ファックス:0959-74-1994(代表)

この資格者はたい肥センター稼働運営に必要な技術者であるという。
申し込みには必須条件の技術資格者。退職による技術者不在には「速やかに配置してください。」そして現在も稼働しているのである。この時点で大問題なのではないのか!!

先の産業廃棄物処理法違反で有罪判決を受けた際に、ごとう農業協同組合の橋詰組合長は、裁判長へ対し情状酌量を訴えた「コンプライアンスを遵守すると宣言した」のは嘘なのであろう。

市民には厳しいが、法令を遵守しない補助金貰い放題のごとう農業協同組合には、優しい対応する五島市なのである。
ごとう農業協同組合が30年度の指定管理者申込書に記載する技術者が本当の技術者であるならば、現時点で技術者として届ければいいのだ。なぜ今現在は「技術者不在」で稼働できるのだろう。

市民は本人確認取れなかったら住民票一枚とれません。交付後、速やかに免許証等を持参するとしても交付してくれません。今回、市担当者課長補佐は幸いなことに県保健所の担当者氏名をメモっていない。すでに異動されて五島保健所には居ないようですから「忘れた」「知らない」と主張するかも知れません。文書でのやり取りでなく、電話による伺いですから。

五島市の新聞各社およびテレビマスコミはスルーしますか!?
五島市議会も問題と考えずに難しい問題はスルーしますか!?
ハガキによる情報提供者様、市議会議員でない私が調査できるのはここまでです。
取り急ぎ、本日夕方4時から五島保健所・五島市役所で調査した結果でご理解願います。
代表理事4人は(※)更迭するしかないですね。
(※ 高い地位についている人間の役職を解き、別の人間を当該役職に充てることを指す)

 
なんでも相談室

4 thoughts on “長崎県五島保健所は認めた”

  1. どうも。

    わたしわ-・・・ 

    でない。

    うん。

    なにがあー。

    あんたかっ いわるっ すじあいはなーぃ。 

    ふざくんな。おまえこら。ちひっ!

    ちょっとそのまえに-い。 

    あた・・

    ろくおんしおっかどうか。

    ばーかー。

    かえれ。

    かえれ。

  2. 「ふざくんな。おまえこら。ちひっ!
     産廃法違反をやった責任。
     させた責任。
     よーく考て、 反省しろ
     ごとうの脳狂、能無し.市太郎」
    と世間が言ってますよ。

  3. 天虎の啓示
        1、共産体制のJAごとう・・・吼える。
      刑罰とは、犯罪者になった者に国家権力が科す制裁である。制裁は日本社会や集団の規則・慣習等に背いた者に加えられる罰である。犯罪者5名を出した職員への罰金刑に対し、農協理事会は罰金を農協(組合員の金)で支払う決議をした。
    すなわち、国家権力に抗った組織である。分かり易く書くと、実刑をうけた犯罪者に対してお前は体が弱いので、代わりの
    人を刑務所へと決議したのである、当然刑務所は受け入れないのである。顧問弁護士へ確認したのだろうか・?国家反逆組織ですね。職員を助けることは、虎は吼えないし天虎も賛成する。憲法を凌駕する共産党体制の習近平ではないのだ。

    1. 私も職員を助ける事は大賛成でありますが、今回の罰金の肩代わりは如何なものでしょう。特に失効猶予付きの懲役有罪判決に関しては代弁出来ないんです。恐らく2名へも罰金刑が下されるものと甘く考えていたのでしょうね。現に顧問弁護士は情状酌量弁論にて「金50万」の罰金刑と口外されましたし。今のごとう農協は全て「金」でかたがつく!とお考えのようですね。牛舎に堆肥舎の解体撤去にいくらかかるかも考えずして、自分の懐が痛まない安易で幼い答えしか見出せ無いのです。生産者、組合員さんは農協の尻ぬぐいのために働いて手数料を支払っているんでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください