今年の汚れ、今年のうちにね!


今年の汚れ、今年のうちに

20世紀に流行した、花王の掃除用洗剤のCMフレーズ。
その年の汚れを落とし、美しく清潔にして新しい年を迎えたいという、年末の大掃除の気持ちが込められている。耳に残るメロディーとフレーズは、CM放映が終了した今でも、「(掃除以外で)今年の内にきれいさっぱり決着をつけたい事」を表す慣用句として使われている。年末になるとよく聞かれたフレーズでした。

そして五島市には3人のピッタリな人物が存在する。
長崎県議会議員 やまだひろし
妹で五島市議会議員 やまだようこ
そして五島脳狂(農協)常務の家永だ。
この三名の共通点、動画を削除してもらいたいが丸田に告げることができない。
なぜなら正しき報道を公開されている。だから謝罪にも来れないのだ。


今回はどこの温泉地でくつろいでいるのやら・・・
秘書で愛人の「真美ちゃん」と。
本年一年間の山田博司原告での名誉棄損損害賠償事件、裁判所へは一度も出廷しない。先月被告側の本人・証人尋問は終わった。
そして我々は裁判長へ直訴。原告で長崎県議会議員 山田博司の本人尋問が裁判所職権で認められた。
果たして出廷し「虚偽」を貫き通すのか!?
年明けの1月15日 長崎地方裁判所にて午後二時半に開廷される。15日といえば昔は「成人の日」山田にとって忘れられない「性人の日」となるのだろうか?

今年は年末年始の不倫旅行はなく、29日にお世話になりっぱなしの会社会長令夫人の五島でのお通夜、告別式に出席。一日跨いで明日31日は五島に戻り新年を迎えるようだ。

山田博司県議にはこの他にも寄付行為による還付金詐欺や、対馬市女性市議から詐欺で告発されるとの情報も浮上してきています。
山田博司、平成31年3月の任期まで持ちそうにないです。


次に、美貌とBODYケアが大変そうな五島市議の山田ようこ。
ご自身の美貌とBODYを自慢したいのか・・・
自分で公開していた五島の海のPR動画。なぜ削除なさったのだろうか?
保存しといてあげてよかった。
五島と言えば「夏の海」ですからね!!
ご自身のFACEBOOKでは、

私や家族は、それ以上に精神的苦痛を日々与えられ、たいへん残念ですが、これまで悪質な行為がエスカレートしており、身の危険を感じることもありますので、これからは正々堂々しっかり民事にて制裁します。

私はずっと待っているんですが、長崎地裁からの訴訟通知は未だ来ず・・・。
やはり長崎県議会議員 山田博司の実妹だけはある、「はったり」と「言葉の暴力」が得意のようだ。
当方からの公開質問書、2度も渡し済みで(http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=5696)あるが、回答書もよこせない五島市議会の偽り偽員の一人であった。
化けの皮は剥がれるのです。歳と共に・・・。
毎年恒例の雲仙小浜・東洋館滞在で、大浴場の温泉が汚れ無ければいいんだが。
兄貴は年末年始、何処に居るのやら!


最後のお一人!
何といってもごとう農業協同組合の陰の組合長。家永常務。
何を勘違いなさられているのやら・・・
録音録画の確認をしてでもこの有様。上司の組合長帯同での謝罪もできない家永常務。
得意は「ソフトボール」少年クラブの指導だというが、農協組織は指導できず。
動画視聴回数も1週間で2000回を達成! 五島牛5000頭増数計画より動画視聴回数5000回が早く達成できるかも(笑)
ごとう農業協同組合支店化している長崎地方裁判所五島支部。
ここはごとう農協の貸し切り状態なのである。
やられたたやり返す!
壱岐牛・平戸牛・佐賀牛に負けたらやり返す!なのであれば私は心から応援する。
しかし子牛の取引価格は3期連続で値段は下がっており、壱岐牛・平戸牛には差をつけられ全国下から10番目にまで落ち込んでいるのだ。
肥育牛5000頭を目標に掲げるごとう家畜市場。国・県・市からの補助事業で進めてきたリース牛舎も空の状態。まずはこの牛舎施設を埋めきれないことには頭数増はできないよ。さらに農家以外の人でも「農地」購入できるように裏工作するから大変な問題が勃発したのである。
いかさまだらけのごとう農業協同組合なのである。
組織改革を主張して橋詰組合長体制が2期目に入ったが、子牛の取引価格は下落続き、刑事事件で起訴され有罪判決の罰金200万。掘り起こした産廃処理に540万。略式起訴された臨時職員への罰金総額60万も農協支払い。しかし職員2名への有罪判決、執行猶予3年は肩代わりもできない農協組織。
民主主義とは「役員による多数決採決」と思っている農協執行部。
2018年も高菜裁判の他、合計3件の民事裁判がある。
そして一番の問題は、今後、五島の農業・畜産業への補助金カットに繋がる問題。
山口畜産部長から橋詰組合長へ会談の中身は話されたそうであるが、橋詰組合長・田口常務は昨日も相変わらず丸田への電話を拒否しつ続けたので、農協が抱える問題の一部始終を公開することに至りました。反発するものは遠くへ飛ばず、派閥内の造反者がいれば!大相撲協会のごとく「解任」に動くのであろう。
話を全て聞き終われば農協の3役が丸田を遠ざけるのは間違いであるとわかるでしょう。そして・・・
責任を部下に押し付けてはいけない、問題解決を部下に押し付けてはならない。今年の汚れ、今年のうちに。を実行できなかった五島市を代表する3人の紹介でした。

Print Friendly, PDF & Email

 
なんでも相談室

5 thoughts on “今年の汚れ、今年のうちにね!”

  1. 五島市民も染み付いた汚れ、焼き付いた汚れを一掃したいと思っているのでは?

    まだ、他にもあるかと思います。

    礼儀、礼節を知らない人が人の上に立つのが許されるのは極めて残念な五島市です。

    来年は春までに楽しい夏を迎える為に新しい道具を使いましょう。

    三大汚れ一掃の 【新三種の神器】

  2. 年末に2回の農協前街宣活動お疲れ様でした。
    昨日の演説きかせていただきました。たくさんの農協関係者は知らない隠された問題です。五島市へ農協の補助金牛舎事業で住民監査請求。山口畜産部長の頭の中は真っ白なはず。これで部長ですから、いかに農協がデタラメな管理職なのかわかります。恥ずかしい。五島市が監査される意味は田口、橋詰はわからない。家永は歩いてさるくのも控えんば。恥ずかしい三馬鹿役員。

    1. 街頭演説のご清聴ありがとうございます。農協の将来が心配です。鹿垣全農会長でごとう農協組合長が築き上げてきた信頼もめちゃくちゃにしている橋詰組合長率いる執行部ですね。私をバカにしている事も含めて許しません。

  3. 時代の速さについていけない御三方。それぞれの動画の回数は日一日増え続けていく。
    それにしても私が働くごとう農協。事業者でなく市民から補助事業の危険性を指導される。恐らく組合長も常務も専務も知らなかったでしょう。農協が貸付けて焦げ付いた融資は保証協会が代位弁済。そして競売にて売却。借りたものを返済しない場合のシナリオ通りに手続きは進められた。補助金によるリース牛舎事業、目的を遂行出来ない農協。丸田さんから五島市に住民監査請求提出されても文句は言えまい。ここまで説明してもわからないのが今のごとう農協の経営陣の頭脳です。丸田さん、徹底的にやりこましてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。