九州商船ストライキ後の島民の話題


ストライキ強行後の五島市民の話題を耳にしました。
国の「社会資本整備総合交付金」を原資とする長崎県の「離島地域交流促進基盤強化事業」による補助を受け建造されたフェリー万葉とフェリー椿。

勘違いなさられている市民が大勢いるようですのでお知らせしときますね。
これらの2隻の船は補助金で建造された、所有者は五島市のようだ!五島市が船舶を返してもらえば他社誘致に運用できると噂が拡充されているようですが・・・

事実は次の通りです。
船種船名 旅客フェリー 万葉
船舶番号 141350
総トン数 1,551トン
船 舶 番 号 141350
船籍港 長崎県長崎市
船舶所有者 九州商船株式会社
総 ト ン 数 1,551トン
Lr×B×D 82.49m×14.50m×10.40m
全長 86.50m

垂 線 間 長 78.00m
船質 鋼
機関 ディーゼル機関2基
出力2,942kW/基 合計5,884kW
推進器 5翼固定ピッチプロペラ2個
進 水 年 月 平成22年11月
用途 旅客船兼自動車渡船
最大搭載人員 旅客432人、船員18人計450人
航 行 区 域 沿海区域(A2水域(湖川を含む。)に限る。)
最大搭載量 8t積トラック(8.5m×2.5m)19台


上記内容は
平成23年11月18日(金)08時05分ごろ船体が左舷側に大傾斜した時のフェリー万葉船舶事故報告書で調査した内容です。信用ならない方は各自でご確認願います。

ちなみに、同じ補助金で建造されたフェリー太古も船舶所有者は運航会社となっております。

Print Friendly, PDF & Email

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。