やりなよ!九州商船労組さん。やらせてあげなよ!九州商船経営陣。


九州商船労組が25日から無期限のストライキ突入を通告。対象となるのは長崎・佐世保と五島列島を結ぶ九州商船のフェリーとジェットフォイル、高速船の全ての便だという。

八月のお盆帰省客ラッシュ時期に利用客がどれだけ心配したことかも考えず、九州商船の海上部門の組合員は今月25日から無期限のストライキ突入通告だもんな。年末の帰省客を盾に取って交渉に利用するんだからな。

帰省客の足に影響が出ることが懸念され、組合は回避のため会社側に環境改善に向けた話し合いを求めていると言う。

自分らの環境改善の前に、企業として利用者に対してサービス全体の環境改善をやるべきである。そうでなければ辞めてしまえばいいんです。利用者を盾に取っての交渉とは大人気ないやり方。それもお盆に次いで2度目のストライキするぞーだからな。私はこんなやり方は好まない。それも前回に続いて同じ手だし。

国の「社会資本整備総合交付金」を原資とする長崎県の「離島地域交流促進基盤強化事業」による補助を受け、万葉と椿と建造プレゼントされた棚からぼた餅のフェリーである。

いっそ、経営陣もやらせてあげればいいんです。みんな佐世保経由で移動しますから!

五島市も市長自ら、島民や帰省客を困惑させる行動はしないでもらいたいと意見すべきである。


九州商船の船員らが加入する組合は、会社との団体交渉が決裂したため、今月25日から無期限でストライキを構えたことを5日、県などに通告しました。
ストライキを通告したのは、九州商船の乗組員ら112人が加入する労働組合です。九州商船では、ジェットフォイルの整備場で働く社員の処遇をめぐり、一昨年から組合と会社が団体交渉を続けていました。しかし、組合によりますと会社はこの間も一方的な人事を行うなど、不当労働行為があったとして交渉は決裂。このため組合は今後、会社が誠意ある対応をしない場合、今月25日以降、無期限のストライキを構えたことを県などに通告しました。対象となるのは長崎・佐世保と五島列島を結ぶ九州商船のフェリーとジェットフォイル、高速船の全ての便です。年末年始の帰省シーズンにあたるため、帰省客などへの影響が懸念されます。会社側は「詳細が届き次第、内容を確認し、ストライキ回避に向けて対応を検討する」としています。


長崎~有川航路、佐世保~上五島航路 新造高速船『船名』大募集!

長崎-有川航路、佐世保-上五島航路に新造高速船が就航いたします。(平成30年7月就航予定)
この新しい船に皆さんに親しまれる名前を大募集!!
見事名付け親になられた方には商品(3万円相当)をプレゼント!

●応募期間:平成29年11月13日(月)~12月7日(木)
●応募資格:長崎県内にお住まいの方
●応募方法:1.Eメール アドレス(senmei@kyusho.co.jp)
2.はがき  〒850-0035長崎市元船町16番12号
「九州商船株式会社 船名募集係宛」   まで

詳しくは、下記の「船名募集」をご覧下さい。

個人的には、「ダニードリーム」「ストシーズン」「ほじょきんマックス」「やいちマル」「サブシディー!(※英語で補助金)」


 
なんでも相談室

17 thoughts on “やりなよ!九州商船労組さん。やらせてあげなよ!九州商船経営陣。”

  1. 二度あることは三度ある。多客期毎にストライキ通告で労組の力を発揮して下さい。野口市長さん、そろそろ第2の船舶会社誘致に動きましょう。

    1. 船舶会社誘致と言えば、富江町観光協会会長の古川 雄一市議に頼むしかないでしょうね。古川 議員、頑張ってください!

  2. 運んでいない九州商船のフェリー。ジェットフォイルはまだマシかな?どっちにしても一瞬しか繁忙期の無い交通機関なんです。しかし、市民生活、帰省客には重要な航路。
    使用する船舶は税金からの補助金で用意された船。異常に船価高いフェリー。
    社会的インフラとして運航されている会社で雇ってもらっているという認識が組合員さんには無く、足元が見えてないんでしょう。
    それは九州商船にも言えること。

    交付金が減額されても報酬が上がる市長をはじめとした幹部。裁判での罰金刑を受けた農協…(罰金は農協理事の自己資金で按分するのかな?)組合員の意見を聞かず海に障害物を設置する漁協。

    五島はある意味、租界ですね。

    1. いつもミサイル発射ありがとうございます。
      社員は労組の権限を行使してのストライキ通告。会社側代表と労組による対立であるが、その矛先は利用者を盾に取る。しかし指摘されているように、九州商船は単なる海運企業ではない。おっしゃるように、社会的インフラとして運航されている会社で雇ってもらっているという認識が組合員さんには無く、全く島民や出身者の利用者のことは考えていないのですね。普通なら島民、利用予定者が会社へ苦情電話に苦情メールするんですが、五島市民はやらない、いややれないのですね。市民のみなさん勘違いしないでください。国境離島新法で運賃が安くなったことは九州商船が頑張っているのでなく、税金が差額分を補填しているのです。運賃そのものは安くなっておりません。
      でもご安心下さい!ストライキは話し合いで回避されますが、次はゴールデンウィークあたりにまた、ストライキ突入脅しは勃発いたします。

      1. ですかね?それならバラモンキング、ゴールデンウィーク、お盆、祭、年末年始と無期限ストを風物詩にしたらいいんですよ。
        旅行の際、計画が組めないフェリー会社として有名になる。

        1. 御用納め、五島市転勤族の皆様方も大変ですね! 長崎県職員、教職員島からどうやって脱出しますか? 五島産業汽船の長崎-五島航路参入進出を県民あげて盛り上げましょう。

          1. 時化は兎も角、困った会社だね。
            自己の権利だけを振りかざす組合員。

            九州商船に意見書を書いたとして、某氏の意見書をテンプレして書いたら爆笑だね!

  3. 現場組合員のこともわからず、バカな発言はやめたいただきたい!九州商船はがんばっていない?あほか!九州商船の本社と現場を一括りにするな!

    1. 頑張っているのであれば、利用者に心配をさせないで下さいませ。本社と現場を一緒にするなと仰っておられますが、船舶利用者には本社と現場がどうであることなど関係ございません。ストライキせずに事故のない安全な航行を望むだけです。

  4. ストライキせずに事故のない安全運行?それは組合員もわかってるのでは?。安全運行をする為に組合員はストに突入することになったんじゃないのー?
    心配させないでくださいって笑
    安全運行ができないのに運行する方が余程心配なのでは?

    1. 頭は確かですか?
      http://maruta.sankei-mrt.co.jp/?p=6216
      きちんと私の考えを理解下さった上でコメントされた方が良いとおもいますよ。私は会社そのものに意見しております。経営陣、組合の双方ともに考え方がおかしいって言っているんですよ^_^
      組合側は今夏のストライキ宣告でも今回の通告でも「多客期」を盾に経営陣を困らせているのですね。そしてそのいざこざは利用者に降ってくるのです。25日から無期限での通告、やれるものならやってください。そして経営陣は旅客船舶航行に心配の要らない乗組員を確保なさって安全航行に努めてください。

  5. 確かではないかもしれないですね
    理解してコメントしてるつもりですが
    あなたは頭確かなんでしょうね。
    ごりっぱです。経営陣に加わっていただきたい

    1. はい!私は九州商船の利用客としての考えを述べているだけです。
      何しろ本土への海路は生まれた時から九州商船しか利用したことが無いものでして。
      民間企業と位置づけするよりも、自治体公共船舶と思っていますから。
      国・県・市・町の助成で存続できている船舶運航企業ですよ。経営陣はじめ乗組員も会社が成り立っている仕組みをきちんと理解されなければいけないのでは?との持論です。

      1. 将来的にも補助金無しで成り立たないのでは無いでしょうか?
        よって実際には第三セクターに近い、自治体に生かされた会社だと思います。

        年に数回利用していますが、消極的選択で九州商船を利用しています。
        会社の評価は別として、利用者は窓口、船内の社員と接します。
        中には一生懸命に対応して頂く社員もいます。しかし、中には如何にも乗せてやってる感を感じます。その少ない社員が原因で私の中では消極的選択になっています。

        利用者も社員も笑顔で溢れる航路になって欲しいものです。

        1. 一生補助金で面倒みてもらう企業です。頼らなければ倒産していますね。フェリーで言えば、人より豚より牛より空気を運んでいる回数の方が得意みたいですから。

  6.  
     補助金は、会社や社員の懐にい入るわけじゃなく、便数の維持や船の建造等で、利用者が受益している事をわかってないな。
     どこの企業が赤字がわかってる航路を走るんだよ。走ったとしても、それしか交通機関が無いんだから、とんでもなく高い運賃でも利用しなければならなくなるんだよ。どうせ次は、運賃が高い行政は何とかしろって言うんだろ。
     倒産して一番困るのは住民だよ、それが故の補助金なのに、企業経営や労働をボランティアと勘違いしてないか。
     

    1. わかっていないのはどちら様なのでしょうかね?組合員さんだとご察し致しますが、九州商船の置かれた立場を勉強なさられてコメント願いたい。
      利用者に迷惑一つ欠けずでの労使紛争であれば救いの余地はありましたが、、、。「補助金は島民の為 (IP アドレス: 113.42.29.50, ns1.jsu.jp)」全日本海員組合からのコメントはありがたく頂戴し、紹介させていただきます。
      労組は利用者、島民に理解されたとでも思いでしょうか?

      補助金を外して考えたら、運賃は会社や社員の懐に入っていないのでしょうか。まずは、椿と万葉の建造から学び直して下さいませ。島民が困るというならば、九州商船は撤退すれば良い。勘違いはしていません。船員さん達も待遇の良い企業に転職されたらどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。