長崎県中総体駅伝「男子、福江が制す!」

全国大会への切符をかけた中学駅伝の県大会がきょう諫早市で行われました。

男子「福江中学校が制す!」「第4位 富江中学校」。女子「第2位 福江中学校」

5区間12キロで競われる女子、ことしは2連覇を狙う大村の桜が原に各校が挑む構図となりました。レースには県内各地の予選を勝ち抜いた32チームが出場。混戦となった1区を制したのは大村の玖島でした。しかし、2区以降は優勝候補の桜が原が本領を発揮。ほかのチームも必死に追い上げますが、差をじわじわと広げます。桜が原はその後も安定したレース運びで2位以下を寄せ付けず41分55秒でゴール。2年連続2回目の優勝を果たしました。

一方6区間20キロで競われた男子は五島の福江が優勝しました。優勝校は来月、滋賀県で開かれる全国大会に出場します。


五島市長もダメ、市議会議員めダメ、五島市ふるさと大使もダメ。
五島の子ども達は頑張っているのです。
恥を知れ💢
頑張れ!五島の子ども達。
バカな大人たちに利用されるな!

五島市のホームページ、フェイスブックでも長崎県制覇快挙もお知らせ出来ない五島の行政。イタリア人ユーチューバーに五島市が取り上げられたことの方が「すごい情報」なのらしい。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員定数削減への陳情書提出

陳情の趣旨
五島市議会において直ちに議員定数等調査特別委員会を発足させ、議員定数を現行の20名(1名欠員)から5名削減し、次回2021年の議員選挙より議員定数15名に適用されることを陳情しました。