山田ヒロシ県議との新春賀詞交換会を傍聴しませんか?


いよいよ山田博司先生の登場である。

昨日、11月20日(月)午後1時30分から、長崎県議会議員-山田博司が本紙を名誉毀損で訴えていた民事提訴の第7回公判が長崎地方裁判所で開かれた。

山田博司の代理人が車のトラブルで公判の開始が1時間近く遅れるというハプニングはあったものの、今回は証人尋問という原告にとっては極めて不利な証言が予想されたことから、原告代理人も気が滅入っていたことも事実であろう。1時間近く遅れたとはいえ、A証人への尋問は確信に触れるものばかりで、今回の裁判で争点の一つとなっていた山田博司と現役暴力団幹部との密接な関係が証人の赤裸々な証言で明らかにされた。

山田博司(代理人・川崎弁護士)は法廷で、故浜村福雄(D会幹部)との関係や属性ばかりか、存在さえ不知と証言していた。

今回のA証人の証言で山田の嘘は完全に暴かれてしまった。

証人が嘘をつく必然性はない、まして裁判長の前で宣誓しての証言である。

被告にされてる私は裁判長に原告になってる山田博司の本人尋問を裁判長に要請した。他人を名誉棄損で訴えた原告の山田博司も法廷に出廷して証言するのが当たり前だと痛切に思ったからである。

山田の代理人は裁判長から原告本人の出廷を要請されると、呆れたことに「山田先生は忙しいので出廷する暇も時間も無理です。」と裁判長にのたまってが、山田博司は年末年始の忙しい中でも愛人と小浜のうぐいす屋で4泊5日の不倫旅行を楽しむほどの暇人であることは、本誌で報道してる通りである。

裁判官の職権での本人尋問召喚を忙しいとの理由での欠席はよもやできまい。

法廷で山田博司本人と会えるのが今から楽しみである。

次回公判は1月15日(月)午後2時30分、いよいよ山田博司先生本人を裁判所の職権で、召喚することが決定した。

山田博司の代理人である川崎弁護士(福岡市)は山田先生の尋問は必要ないと最後まで山田の尋問に反対していたが、最後は裁判長の職権で山田博司の尋問が決定した。

1月15日はむかしだったら成人の日、山田博司にとって人生2度目のめでたい1月15日になるはずである。
「日刊セイケイ・中山洋二」

次回公判は1月15日(月)午後2時30分、いよいよ山田博司先生本人を裁判所の職権で、召喚することが決定した。※裁判傍聴は無料です。50名は余裕で傍聴できるかと思います。ご参加自由です。受付等はありませんので足を運んでみませんか?


そう言えば、本年の五島市新年賀詞交換会でも正月早々にめでたい出来事がおこっていたんだった。

1月4日、福江商工会議所主催の恒例の賀詞交換会が開催されました。

山田博司氏は当日開催されました厳粛な成人式典には、不倫宿泊旅行の破廉恥行為によって、関係者から欠席を促されましたが、同会では、県会議員の立場から、壇上で挨拶する機会を与えられ、そのスピーチ中に 高齢者が倒れられるアクシデントが発生しました。

運動能力が衰えてきた、高齢者にとって、日常の些細な出来事が大きな事故につながることは少なくありません。

さまざまな慢性疾患を持つ高齢者は、急に倒れ意識を失ったり、呼吸が止まるなどの、身体の急変を起こすことが、予測出来ます。

もしこのようなことが高齢者の身体に起こったら、救急車を呼ぶ、救急車が来るまでの少しの時間に、安静にしたり応急措置をする。

ここで速やかに対応ができるか、できないかが、命にかかわる場合も少なくありません。

また、命をとりとめたにしても、後遺症の大きさにもかかわってきます。これは一般常識です。

税金から報酬を頂き、税金で勉強させて貰っている県会議員であれば知っているはずであり、最低限の資格です。

この突然のアクシデントの発生に対して、身体の危機を察知された、元福江商工会議所会頭才津為夫氏は、山田氏がスピーチしている壇上に近づいて、「山田」話を止めろ「山田」止めろと、強く制止されましたが、山田氏は聞き入れず、自分の我を通し、高齢者の救助に協力しなかったそうです。

才津為夫氏は主催者であり、見識者でり、あるいは支援者の立場から、人命救助の協力を要請されたと解されますが、それに応じない山田博司氏は何と非常識で、何と自己中心的であるでしょうか。

私は人命が一番尊いが信条です。

皆さんはどうでしょうか?

510ジャーナル記事より http://510-journal.info/?p=15280

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください