来月は、五島育成園で家族面会開催

福祉の現場から、住みよい社会を考えていきます。

わたしたち、社会福祉法人福江福祉会 五島育成園は、地域に根ざした活動で、ご利用者様が安心して楽しいひと時を送れるよう努めることを信条としております。
ご利用者様の声に耳を傾けるだけでなく、ご家族のみなさまとも連携を取り、お一人おひとりに合ったサービスをご提供します。
介護に関するご相談、その他ご質問など受け付けております。
いつでもお気軽にお問い合わせください。(育成園ホームぺより引用)

先月の25日に五島育成園にて監査が行われた。
監査が行われる特別な日であるにもかかわらず、杉理事長は「五島病院に行くから」と施設から出て行っていたのである。
その後、監査の結果は長崎県へと送られた。

長崎新聞に掲載されて以降、未だに理事長から施設利用者の家族、保護者には虐待問題についての説明も騒がせてしまった事への謝罪もないと言う。
そんな状況の下、来月には家族との面会日があるそうだ。杉理事長は毎年この場でお話しされているそうであるが、果たして今回は人前に立ちお話しをするのだろうか?
体調不良とかで「五島病院へ行く?」などの雲隠れは許しません。

施設で定期的に行われている行事の一つであり、レクレーションを通じて御家族と昼食を召し上がって楽しんで頂いているようです。施設利用者の中には年中、自宅への外泊が出来ない方もおられるようです。ご家族が安心してお預けになられる為にも、施設改革に真剣に取り組んでいただきたいものです。

なんでしたら、丸田をお呼び頂いて、杉理事長が一番気にしている「誰が情報を流しているのか?」皆さんの前で私に問い掛けてみませんか?

杉理事長さんにはマイナスな話かもしれませんが、長崎県障害福祉課の職員には丸田の方からきちんと状況は報告させていただいています。

私が望むことは、貴殿施設には長崎県および五島市から税金が補助されている。また利用者が安心してサービスを受けれなくてはいけないのであります。私はまともな障害者福祉施設としての再生を願って当サイトにて追及をさせていただいているのであります。書くことで施設へのゆすりたかりが目的ではない事をご理解願いたい。育成園問題ですが、虐待していたとされる職員自らが昨日退職されました。施設利用者の親御さん達もほっとされたようです。
これにて私としての育成園問題の追跡は終結します。

今後は、監督官庁のお立場である五島市。市長から杉理事長へ改善に応じれないのであれば、今後の補助は考えさせていただけなければならなくなる!くらいの注意は必要であるが、野口市太郎の口からは言い渡し出来ないだろうな。

どんな場合でも必ず「敵」にしなければならない相手が存在します。しかしそれを恐れてしまっては解決できない。ここでも嫌われる勇気が必要となるのです。
つまり八方美人では何一つ成果は見出せないってことです。杉理事長一派は丸田を撃ち殺したいくらい怒りまくっていることでしょう。それは計算済みです。私の原因不明の「じんましん」は「ストレス」が原因だと思います(笑)

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員質問登壇状況

質問にも立たない議員が議員である意味があるのだろうか?
また、簡単な質問を数多くすれば良いってものでもない。
あなたが支持している議員の一般質問をご存じでしょうか?