正しき判断「五島・ジオパーク新規認定は不」

日本ジオパーク新規認定は見送り

令和元年10月3日、日本ジオパーク委員会が開催され、五島列島ジオパーク構想の認定は見送りとなりました。

残念な結果にはなりましたが、ジオパーク活動は、市民の皆様が地元の魅力や良さを再認識する大きなきっかけになったと考えております。

今回の結果を真摯に受け止め、引き続きジオパーク活動に取り組んでいきますので、皆様のご協力をお願いいたします。

日本ジオパーク新規認定審査結果に関する市長コメント

本日10月3日、日本ジオパーク委員会において新規認定の可否が審査された結果、五島列島ジオパーク構想の日本ジオパーク認定は「見送り」となりました。

これまで、五島列島が持つ貴重な自然遺産の価値を発信するとともに、ジオパークを活かした取り組みを進めてまいりましたが、「見送り」という結果を受けて、非常に残念に思います。

しかし、これまでの活動は決して無駄ではありません。このジオパーク活動は、市民の皆様が地元の魅力や良さを再認識する大きなきっかけになったと考えております。

今後、日本ジオパーク委員会から示される審査結果報告書を踏まえまして、課題の解決とともにこれまで以上にジオパーク活動の理解や認知度向上に取り組み、早期の認定を目指します。
そして、ジオパークの仕組みを活かしながら、貴重な自然遺産を守りつつ、市民の皆様や観光などで訪れる方々に深みのある五島列島の魅力を伝えていき、郷土愛の醸成や交流人口の拡大につなげてまいります。


認定に至らなかった理由がお分かりになられていないようですね!

某タクシーにて注意、指摘をされた地元ジオパーク推進メンバーのお方、指摘注意内容をきちんと会員全てにお話されていますか?

かなりキツイことを言われているでしょうに!

「全ての方々が勉強されていない」「人任せ」「遊び感覚ではダメだ」等々を移動中にタクシーの中でお話されていたでしょうに。

表面上だけで「やってきた」はないですよ。本気で認定されたいのならば、行政は手を引いて下さい。行政は「資金」のみ提供して下さい。本気でやりたい方々へ全てを任せてあげて下さい。また、本気でやりたい方々は、行政職員(事務局)の力に頼らずに努力して下さい。

ただなんとなく進めてきた、、、。

皆さま、本気で「熱く」取り組んでいましたか?

市民をちゃんと育てないと、未来はありません。
申請・届出すら書けない市民。それを肩代わりして代書してやることが自分の仕事と思い込むバカな役人。これは負のスパイラルなのです。
何が自分の町に必要で、何が要らないか。自分は何がしたくて、何をしたいか。そういった意思表示をしっかりと、適切な方法・媒体で表現できる市民に成長しなければ「認定」されても意味を成さない。世界遺産登録して1年3か月が過ぎ去りました。市民の意識は向上していますか?登録決定時と横ばいですか?

廃れてきております。なずなら、行政主導で進められてきたからですよ。

五島市議会 谷川議長も言われてますよ!


五島列島
申請地域は、大陸由来の堆積層、地殻変動の痕跡、多様な形態の火山などの地形・地質 遺産を有する。また、ユネスコ世界文化遺産をはじめ、大陸との交流に関わる歴史遺産などがあり、 渡り鳥の中継地としても重要な位置にある。これらの自然・文化遺産を人々の暮らしとともに見ることができるなど、ジオパークとしてのポテンシャルや関係者の意欲は高い。しかし、ジオパークの理念や目標は十分に共有されていない。拠点づくりやジオガイドの養成、学校教育など、ジオパークに関連する取り組みをさらに進める必要がある。今後の活動に期待したい。
以上のことから、日本ジオパークの認定は見送ることとする。

ユネスコ世界ジオパーク国内推薦および日本ジオパーク新規認定審査結果

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員質問登壇状況

質問にも立たない議員が議員である意味があるのだろうか?
また、簡単な質問を数多くすれば良いってものでもない。
あなたが支持している議員の一般質問をご存じでしょうか?