次は情報公開が必須です


採取した砂の検査結果に約一ヶ月。
この検査結果は?
「公開の予定は今のところ考えていない」
今年の2月14日の掘り起こし現場確認から八ケ月。
当初は検査費用が高いから検査は実行しないとし、更には大浜区区長が検査を必要と言わない。そして終いには、砂浜の管轄が長崎県であり五島市水産課が担当であると、次から次に言い訳で検査に対し実行しないとしてきたが・・・

本日13:30から佐世保市の西武環境調査株式会社より社員2名がお越し下さり、検査媒体を採取して持ち帰られた。
五島市が次に必要なとるべき行動は、検査結果の情報公開であります。
五島市 野口市長はごみ焼却施設建設に関して「安心・安全」を何度となく発言され続けてきた。検査の結果の「安心・安全」は率先して情報公開されなくてはいけないのです。公開して当然の業務なのです。
        

 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください