ごみ焼却施設稼働に向けた検査砂採取


なんて良い日だ!(大浜地区新ごみ焼却施設事業)

1.黒い砂の物体が何の影響でまた、含まれる成分が人体に影響を与える危険性
があるのかの成分検査を検査機関にサンプルを提出し実施しますか。
《回答》
・砂の採取から検査までを検査機関に依頼し、実施します。

2.実施する予定年月日はいつ頃の予定ですか。
《回答》
・平成29年10月頃の予定です。

3.検査用のサンプル採取は問題提起してきた私を立ち会わせて頂けますか。
《回答〉
・検査試料採取の様子はご覧になれます。

日時が確定しました。
10月16日(月)
13:30~14:00
雨天で検査のための砂採取ができない場合、日を改める。


交渉から8ヶ月、やっと実現します。
五島の海は五島市民の財産

現時点で大浜海岸の砂浜が黒い原因として、旧福江市焼却施設からのダイオキシン類による環境汚染だという地域住民からの指摘が起こっていた。
今回の検査が今後稼働される新ごみ焼却施設の環境衛生に対して一つの基準となる。
また、地域住民が主張してきた旧施設からの悪影響の事実もはっきりできるのである。


 
なんでも相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。