五島市長「邪魔」

市長が「お」邪魔します。
市長が邪魔します。
日本語って難しいんですよ、意味が全く違ってきますから。

単に市長が参加しやすい会合だけを選び「お邪魔」しているってことでしょう。
意味があるんですか?

(※やりとりの中に国政政党のミーティングが取り上げられていますが、当方が国政政党支援者との勘違いを与え兼ねませんので一部削除しています)

はっきり言わせていただきます。

市政懇談会に代わる行動ではないでしょう。

五島市の議員、職員は市長の犬と言われても過言ではない。噛み付く人材がいません。あと、動画中に市長は市長への手紙を知らないという墓穴を掘りましたね。なぜ「市長への手紙って言うんですかね?」と隣に座ってる副市長にきくんでしょうか。自分宛のシステムなら名前くらいしっかり覚えなさいって言いたいです。市長への手紙より、市長室への入場券の方がいいですよ。

ならばお尋ねいたします。
市政懇談会をなくした理由は?決まった人間からの指摘が怖いからなのでしょう!
商工会議所、婦人会、青年会議所、観光連盟etc、長いものに巻かれやすい各種団体の会合への参加。会員は各種団体の会合には参加するが、市政懇談会には参加しない。何故?なのでしょうかね。

野口市長がお邪魔している行為は「職権を利用しての選挙活動行為」と勘違いされても致し方ないでしょう!

自分自身を売り込みに「参加しやすい会合」と「参加したくない会合」を選び出して「お邪魔」しているだけでしょう!

丸田たかあき後援会の月例会にでも「お邪魔」してくれますか?

まさか、いろいろと理由付けして「お邪魔」できません!なんてことにはならないですよねー。だからダメなのです。主張されている「お邪魔します」はあなたが行きやすい会合をただ選んで参加しているだけのものであり、従来の「市政懇談会」とは意味もわけも違うのです。

一部の「人」との話合いはしますが、市長のほうで選ばせていただきます!って言ってんです。
市政懇談会へは誰でも参加して発言できます。諸団体には会員以外は参加できません。大村市の園田市長とは大違いなのである。こんな野口市長を私は支持できるわけは無い。「市長がお邪魔します」ではなく、「市長は逃げまわります」の市政懇談会。

結びとして、五島市長の野口さんは「動物園」には行けても「アマゾンのジャングル」には入れない臆病な市長であるってこと。さらに、市役所では最近、市民である私丸田を調教し間違えてしまった部長さんもいたらしい。

市長のやる気が違うと市議会のやる気も違うんです。

五島市議会定員20名(2名欠員)、大村市議会定員25名。議会一般質問登壇者数の比較でわかりませんか?

 

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

Youtube

毎月不定期にて街頭演説を行わせていただいております。
場所は五島市役所前、五島市総合福祉センター前、東浜町エレナ様前、ごとう農協本店前、シティーモール様前などで行っております。