外報!市民の皆様へ。「五島育成園処分交付」

五島市民であれば利用者になる時、お世話になる時が来るかもしれない施設であり、五島市民の税金から補助金が出されている福祉施設。虐待が行われていた事実は長崎県が認定したにもかかわらず、現在もなお女性職員はのうのうと職場に居続けている。何故に「処分」されないのか?

記事を書く事で安心安全な施設であってほしいと願う立場である。虐待が行われていたという新聞記事の掲載以来、私が知り得た内容を書かせていただきます。早く平穏な日常が戻ってくる為を願って、、、


13日の金曜日。これまでと変わりなくサイト問い合わせより情報が寄せられました。

その内容を簡略化してご紹介いたします。

明日14日、1人の職員が停職処分となります。施設では新聞、丸田様のサイトにて虐待が認められたとの記事が載って、市民の間でも噂が拡がっているようです。そこで1人の人権を守るために私は真実を提供します。

考えられるのが、虐待職員による嘘の情報拡散です。

停職処分の職員に責任をなすりつけられることがあっては遅い。なので職員へ通達される前に記事に採用していただきたいのです。

停職処分を受けて休職される「S(実名は書かれてますがイニシャルに置き換えます)」さんを、虐待職員の引責でね辞令だと言われてはいけません。

今回の職員への停職処分と虐待問題は無関係であります。職員間の人間関係が最大の原因であります。なお、停職処分が解かれたらグループ組織の職員としてお仕事は続けられます。

虐待職員自らが責任転嫁し、全く関係のない人へなすりつけられてはいけません。虐待職員は○性棟の○任で間違いないのです。

新聞で報道された内容に偽りはないのです。はやく、トラブルのない五島育成園に変わらないといけないのです。利用者、関係者、職員が仲良く安心して安全に生活していける福祉施設でなければいけないのです。

挑戦者 丸田たかあきの
情報をタイムリーにゲットする!

議員定数削減への陳情書提出

陳情の趣旨
五島市議会において直ちに議員定数等調査特別委員会を発足させ、議員定数を現行の20名(1名欠員)から5名削減し、次回2021年の議員選挙より議員定数15名に適用されることを陳情しました。